2001年宇宙の旅の作品情報・感想・評価

2001年宇宙の旅1968年製作の映画)

2001: A SPACE ODYSSEY

製作国:

上映時間:139分

3.8

「2001年宇宙の旅」に投稿された感想・評価

南国

南国の感想・評価

3.5
これがもう半世紀近く前に作られた映画だと思うと非常に驚きます。映像美が凄い。宇宙の壮大さ、真っ暗な恐怖感。

ただ、自分にはラストがさっぱり理解できませんでした。
中学時代に初めて観た時は、期待した内容とかけ離れていてガッカリ。高校時代はそのリアリティの高さの為に費やした時間と手間に驚愕。そして大学時代に観た時は"スゴイ"の言葉しか出なかったのを覚えてます。150分のうちセリフがあるのは20分程度しかないのにグイグイと引き込まれ、ハラハラドキドキ、そして最後は…ですよね。そうそう、劇中でインターミッションがある作品も初めてでした。
惑星直列?からの亜空間?
石板の形とハルの記憶端末は似た形だったな、どうゆうことなんだろ。シンギュラリティ?最近覚えた単語ww 

僕にとって映画は、感じて味わう、という部分が大きいので、これは素晴らしかったです。最後のシーンと音楽は鳥肌立ちました!

原始の空と大地の美しさから→宇宙船の造形や、その船内、宇宙服のデザイン、そして→白い部屋のインテリアと神秘。

宇宙は謎、進化も謎、ならばそれを扱った作品は謎の映像になるのは至極当然だと思うし、僕は未だに人が人から誕生して、その子が会話できるようになったりして育っていくのが不思議で不思議で。
窊

窊の感想・評価

5.0
おもしろすぎて草
天才すぎる。スタンリーキューブリック大好きになった
のん

のんの感想・評価

-
まだ途中見

昨日に続き何か刺激を受けるような映画をと思って見始めたが、そもそもSFの興味が全く無い上にどういった見方で観ると良いのかもわからず観てしまって集中できなかった。

また改めて観たいと思う。
作品を作るために映画を観ようとしたが、今自分が何を観ると良いのかがわからない。
約60年前のCGがなかった時代の映画とは思えない今もって圧倒的なヴィジュアル!映画至上最も難解なストーリーとも云われる。けれどストーリーなどどうでもいい。映像だけを鑑賞するように毎回見直す映画。
公開時学生だったジョージ・ルーカスはこれを見て、当時SF映画はオモチャっぽい特撮もののB級キワモノ映画でしかなかったが、SF映画が第1級の映画になりうることを認識したとキューブリックのドキュメンタリーの中のインタビューで語っていた。この映画でスターウォーズが生まれたかどうかは解らないが、その完成度に衝撃を受けたとか。
宇宙船内部のデザインや配色もセンスよく美しい。
自分の中では、ブレードランナーでもスターウォーズでもなくこの映画こそSF映画の金字塔だと思う。
理解するには2回は観る必要あり。
わー

わーの感想・評価

3.8
宇宙や宇宙船の映像が超絶きれい!まさかこんなに昔の映画と思わなかった。
人工知能HAL9000こええ゜゜(´O`)°゜ストーリーは最後ワープしてよく分からなくなったな笑 解説サイト読んで、う、うんああなるほどスターチャイルドねぇふむう……って感じ(´-ω-`)笑笑 解説サイトとか、インターネッツのある時代に生きてて良かったと強く思った笑 とても難解な映画ですな(´-ω-`)
>|