式日-SHIKI-JITSU-の作品情報・感想・評価

式日-SHIKI-JITSU-2000年製作の映画)

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.6

「式日-SHIKI-JITSU-」に投稿された感想・評価

靴下

靴下の感想・評価

3.6
苦しい映画
ハル

ハルの感想・評価

4.0
素晴らしかった。この映画もこの子が作る世界もアート作品を見ているかのようだった。結果どうだとか全部どうでも良くなるくらい表現がすごい。アート作品って意味わかんないこと多いけど、この子の溢れる感情が形になったものがアートなんだってわかった。あと、松尾スズキは真面目に喋るとイケメンボイスだってこともわかった。
チセ

チセの感想・評価

5.0
私が最も愛する誰のレビューも見たくない映画
だから私もレビューなんて書けません

ただ彼の声が、息の吐き方が、手の伸ばし方が、声が眼差しが後ろ姿が、全部に胸がぎゅーーーっとなる
彼女の言葉が、強い目が、振り向く姿が、涙が笑顔が弱さが孤独さか、私をどうしようもなく惹き付ける

誰がなんと言おうと、私はこの作品が一番
もっと優れてるもの多分私も知ってるけど、一番の好きな映画
mm

mmの感想・評価

4.0
記録

何度も観る映画じゃないけど何度も観てしまう
ちすけ

ちすけの感想・評価

3.1
こわくても捕まるところがあるっていいよね
mmm

mmmの感想・評価

3.9
モラトリアムってたころにたくさん観た
とにかく鬱々の展開でしかないけど
色彩感と藤谷文子が鮮烈で本当に可愛かった!
今でも思い出す作品。

岩井監督の「picnic」の壁のモチーフに対しての庵野監督の「式日」は塔、それに線路
そんなアンサーソング的に捉えた目線でもいいかもと
もう一回観てみたいなぁ
夏子

夏子の感想・評価

5.0
すごく好き
藤谷文子さんも岩井俊二さんも色相や景色も言葉も全部がマッチしてる
永遠にこない明日を願って日々を過ごす少女
同じ1日を繰り返す彼女にとって本当の明日がきて、長い今日が終わる
ヒロ

ヒロの感想・評価

-
美しく見えるもの 遮断機、枕木、線路、アーケードの屋根の上 松尾スズキの声はどこで出てきたのだろう 最近庵野作品をよく見ているので 電線、踏み切り、あの素晴らしい愛をもう一度が 頭に残ります
頭のおかしいひとの話。
初めて見た時と印象が変わった。

その時の気持ち次第で受け取り方が変わる映画。
>|