Zoloev

その土曜日、7時58分のZoloevのレビュー・感想・評価

その土曜日、7時58分(2007年製作の映画)
3.7
カワウソニックさんご紹介の映画。
メシマズ映画第二段。

悪の法則もゲキマズ映画だけど、本作もパンチのある映画だ。名優フィリップ・シーモア・ホフマンの怪演もさることながら脇を固めるイーサン・ホークのダメ人間っぷりも見もの。金が無いからと無計画にも親の経営する宝石店を襲撃して金品を奪う計画だが、事態が予想外の展開に発展してしまう。
人間生きてりゃ良い事ばかりではなく、むしろ嫌な事のが多いと思う。それを乗り越える道の選択肢を誤まった典型。
時系列が行き来する所のつなぎもうまい。違和感を感じない。自分は逆に行き来するのは苦手な映画だけど本作はつなぎが素晴らしい。坂道を転がる様に、足を一歩踏み外した、音を立てて崩れていく・・デカダンスを表現する日本語は数あれど本作はどれも当てはまらない。
一体なんなんだろう・・この観終わった後の虚無感。
フィリップ・シーモア・ホフマンが器に盛られた鮮やかな色の石をゆっくり落とすシーン・・・鮮やかな色の石なのにバラバラになるとむしろ汚く見える。
この映画のワンシーンだけど、全てを物語ってる気がする。
こんな堕落して泣き叫ぶ演技が上手いホフマンの怪演に合掌。
今頃大好きなタバコを天国で吸ってると思う。そして冒頭のお尻・・・目に焼き付いて離れない。