dita

その土曜日、7時58分のditaのレビュー・感想・評価

その土曜日、7時58分(2007年製作の映画)
3.5
もう、このイジワルメットめ!という100点満点中3点の駄洒落を言って気持ちを紛らわせたくなるくらいどんよりしている。

兄弟全然似てない問題を逆手に取る展開、あの人と血が繋がっているのは実は兄だったんじゃないかと思ったりした。自分と同じ血を感じたからこそ、あの人は悪魔に30分の猶予を与えなかったんじゃないかと。

ホフマンのゆっくりキレるアレ、困り顔イーサンの心底困った顔、マリサ・トメイはいつもありがとう(おっぱいも素敵やけど彼女の鼻が好きです)、アルバート・フィニーの目玉。
役者の凄味を引き出すルメット、やっぱり恐るべし。