nekosuki

用心棒のnekosukiのレビュー・感想・評価

用心棒(1961年製作の映画)
3.8
「用心棒」はマカロニウエスタンに勝手にリメイクされて黒澤監督が激怒した曰く付きの作品で、後に"ブルース・ウィリス”主演でラストマン・スタンディング」のタイトルでもリメイクされた。

時代考証等のめんどくさいコトを取っ払ってトコトン娯楽に撤して作っていて黒澤監督曰く、『撮影中は楽しかった!』らしい。

相対する二組のヤクザに支配された町の平穏を取り戻すために"用心棒志願の浪人が仕掛けた罠”に引っ掛かって起こる右往左往の抗争劇。

親分の強欲な女房を演じた"山田五十鈴”や現代的ヤクザの"仲代達矢”、呑み屋の大将の"東野英治郎”等の、キャラが強烈。

終始粗末な衣装で用心棒"桑畑三十郎”を演じる三船敏郎がカッコ良く、町に蔓延るヤクザをバッタバッタと斬り倒す。

この男、博打の借金のカタに取られた女性を家族の元に帰したりする"いい奴”なのだ。

紆余曲折の末に平和が戻り浪人は町を後にする。
ラストシーンで『あばよ!』と呟く浪人の後ろ姿に被さるエンドマーク"終”の文字が何ともオシャレだった。