用心棒の作品情報・感想・評価

「用心棒」に投稿された感想・評価

午前十時の映画祭でやっていたので観た。

ファーストカットの三船敏郎の背中がかっこいい。

黒澤明の全力娯楽作ということで、ただただ面白い。

序盤の、両陣営の総力戦が始まりそうになる場面で全員及び腰なのが滑稽で良かった。

主人公の企みが仲代達矢にばれるシーンと、脱出のシーンの緊張感も良かった。
温八

温八の感想・評価

4.0
謎の素浪人・三十郎。西部劇調なのが面白い。完全に飯屋のおっさんがヒロイン。
どこかで見た話だなと思ったら、3年後に公開された『荒野の用心棒』に本作との類似点が多く見られるという。というかほぼ完コピだったな。確か『荒野の用心棒』でもバーのおっさんがヒロインだった。
めっちゃ面白い‼️

 二組のヤクザが争っている宿場、そこへ凄腕の剣客三十郎がやってくる。
 
二組が争っているなら二組とも滅ぼしてしまえ❗
最後の対決はまさに侍魂を感じさせる。
ただただかっこいい。ヒーローの美学ってのを見せてもらった。
しかしながら風が吹くなかを歩いてるだけでしびれるのは黒澤作品だけかもなぁ。。。

白黒映画とか黒澤作品とかいうのを面倒に思ってるひとはとりあえずこれを見てほしい。んで気に入ったら七人の侍を是非に。
シチュエーションが西部劇っぽいなと思ったけど、wikiなんかでは黒澤作品も他に影響を与えるだけでなく、やはりそんな作品に与えられたりもしてたようで。そういう流れが映画に限らず、「質」ってのを高める要素の1つだと思う。
三船敏郎かっこいい
こんなにも楽しい時代劇を見たことがない。何がこれから起こるのかとワクワクする時代劇。そして、何よりも主人公用心棒のキャラクターがとても味がある。
気分が鬱々としている時に見れば爽快になることは間違いない。
nhd

nhdの感想・評価

-
2019.1.11鑑賞DVD
記録
面白かった!字幕付きで見て良かった。
亥之吉は年男だ。丑寅は正月生まれ。正月の時期に見てぴったりだった。(干支も笑)3年後は丑寅、4年後は卯之助が年男。そう考えると楽しくなってくる。丑寅兄弟、わりと年が離れてるみたい。
卯之助が亥之吉の弟というのが衝撃的だった。似てなさすぎる…

亥之吉の素直なところや権爺にまんまとかつがされるところがかわいかった。眉毛繋がってるし。色々と目の離せない亥之吉だった😆
「おちゃけ」とか言ったりするお茶目な三十郎😊 飄々と高みの見物をしているかと思えば情にあつくてさりげないところがとても格好よかった。
かんぬき、背がすごく大きくてビックリした。
志村喬の悪役を初めて見た。
dai

daiの感想・評価

4.0
刀か?ピストル?どちらが上か?
この黒澤映画を見て時代劇を見るようになった!
>|