じゃがいも

俺たちに明日はないのじゃがいものレビュー・感想・評価

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)
3.6
Bonnie and Clyde
強盗を通じて手に入れたかった未来は来ない。盗み続け 逃げ続けるしかない。
二人が暴れたのは大恐慌時代とあって、盗みに入った銀行が破綻していたり、人々は彼らが義賊かのように接したりする。速い車で州境を超えてしまえば勝ちという荒い手口も、当時だからこそ。

終盤にクライドのサングラスのレンズが片方取れるシーンがある。「ベイビー・ドライバー」じゃん。完全にオマージュ。警察や強盗グループから逃げることが出来たベイビーとデボラの未来はボニーとクライドかもしれないし、そして"同僚"のバディとダーリンこそ、ボニーとクライドの道をたどる2人でもある。
この作品を参考にしたストーリーなのは明らかで、「ボニーとクライドか?」「ボニーとボニーだろ」というセリフもあるくらいだけど、サングラスや最期については発見だった。
脱線した。