俺たちに明日はないの作品情報・感想・評価

「俺たちに明日はない」に投稿された感想・評価

小小野

小小野の感想・評価

3.9
ボニーとクライドじゃなくて捕まえようとする人の方が悪く見えちゃう
スターチャンネル
1514
常識を打ち破る映画、時計仕掛けのオレンジに近い、最後まで乾いたフラットな撮り方が好印象、こういう監督の主観が混じらない様に努力されてる映画、好き

演技、空気感、何から何まで独特、服も車もカッコ良かった

Red Dead Redemptionやりたくなった、グラセフの設定と近いのでは?

楽しく生きれば良いよな、時代が良くなればなるほど、と、就職する前に、観といて良かった

法律、価値観、正義、全ての物から解き放たれた時、人に何が残る?、誰が何と言おうと、自分にとって凄く価値のある作品

冒頭からオチに期待を持たせる映画でした、さぁどういう答えを出すか、という姿勢で観てた、から最後まで飽きなかった

アメリカ広過ぎ!、まぁ今の時代襲うならコンビニだよな、あとムロツヨシおったわ

馬車から車に変わる頃の大恐慌時代西部劇って感じ?

あと俺たちに明日は無いって完全に日本的価値観から見た邦題だよね、マジでこの原作の良さを汚すネーミングセンス禁止した方が良いよ、どんなタイトルでも、何で名前変えるんだよ馬鹿、良い事言ってるつもりかよ、気持ち悪りーなマジで

主演の2人は最後まで美しい生き方でした、見た目だけじゃなく死に目まで
YF

YFの感想・評価

3.8
とにかくラストシーンで全部持ってて、その後の映画を180度覆す強烈な映画。ほぼ丸腰の2人に対して打つ銃弾の量じゃないだろ、あれ…人が撃たれるシーンとかもかなり強烈で、苦しむシーンとかもかなりリアル。
直接的な性描写はほとんどないのに、かなりエロい。特にボニーがコーラの瓶の口を舐め回したり、クライドの銃に触るとことか、めっちゃエロい。クライドが同性愛ぽく描かれてるのも、かなり危険なことしてるなって思う。
Kosuke

Kosukeの感想・評価

-
ムロツヨシみっけ!!!

逃避行の邦題として、俺たちに明日はないって結構かっこいい

クライド結構かっこいいんだけどね
やっぱり流れがめちゃくちゃなのが気になっちゃう。
置いてけぼりになるというか。昔はそこまで気にしなかったんだなぁと。
Dachiko

Dachikoの感想・評価

4.0
映画では割と大人びて見えるボニーとクライドだけれど、実際の彼らは23歳と25歳。ボニーに至っては僕と同い年なので、余計にこんな最期を彼女が迎えたことに、悲しみと少しの憧れを感じる。

この映画はアメリカンニューシネマの先駆けで、何でも初めて人が射殺されて絶命するまでをカットで誤魔化さずに映したり、オーラルセックスを示唆するシーンを入れたりした画期的な映画らしい。

けどそういった技巧的なところより、ボニーとクライドの存在感や生き様、彼らの関係性がとても強くて、当時の若者を熱狂させたカリスマ的な映画だと思う。

「明日朝目覚めて外に出た時に、今までのことを全て水に流せたらどうする?」

これは逃亡生活に疲れきったボニーがベッドでクライドに問いかけた言葉だ。
そんな何気ないボニーの一言が心にぐさっと刺さって離れない映画だった。
滅びの美学をアメリカに見た。
2人を纏う事実の惨さだけが描かれているわけでもなく、世界恐慌という時代が生んだヒーローとして取り上げているわけでもない。

ボニーとクライドの逃亡と投獄を繰り返した年月を二時間に纏めたシナリオはすごい

衝撃のラストシーンからのフェードアウトには正直驚いた。笑
yuzuka

yuzukaの感想・評価

-
正直ラストシーンまでもうちょっと短くていいとか思っちゃったけどプロダクションコード直後にこんな映画作られたら...!
なかじ

なかじの感想・評価

3.6
アメリカンニューシネマの代表作。

美女ボニーと色男クライドが悪事を繰り返すが…

ラストのボニーの顔が良かった。
>|