麻雀放浪記の作品情報・感想・評価

「麻雀放浪記」に投稿された感想・評価

何の気なしに観たのですが凄く面白かったです。戦後の寂れた街並み、音、映像などなど雰囲気が抜群に良くて、麻雀が分からなくても楽しめる映画じゃないでしょうか。

白黒映画で古そうな映画ですが、出てくるキャストは名前も知ってる大物ばかりで、みんなかっこよすぎ!

淡々と繰り広げられていくギャンブルシーンと人間模様に初っ端から終わりまで完全に映画の世界に引き込まれてしまいました。

「煙草は吸いなさい。役に立つわ」
など今観るとちょっとドキッとするような言葉やシーンもいくつか出てきて、とても面白かったです。

死んだあと坂をゴロゴロ転がされちゃう生き方は…いやだなー…
水曜日

水曜日の感想・評価

4.2
終戦後の東京、プロの博打打ちを目指す坊や哲と一癖も二癖もある勝負師たちの物語。

傑作だと思いました。私も名古屋の「坊や」という詰み師さんを取材したことがある。映画と同じように「あがり」詰みをしてた。(全自動卓になってからは不可能)

チンピラっぽい鹿賀丈史が彼にしかできない博打打ちを演じ、イカサマぎりぎりの策士を高品格が演じている。もう他のキャストでは無理だと思うし、リメイクも不可能じゃないかと。

モノクロと劣化させた音質が、昭和を感じさせる。カラーだと真田広之や加賀まりこは、浮きまくるのでは?この試みは成功だと思う。

笹野高史の自毛が見られます。残念なのは、外国人俳優のセリフが…。ただ日本に来た兵士はあんなものかもしれない。
tbc

tbcの感想・評価

5.0
生き生きとは、、、
今を全力で生きてんのかわれぇって感じだった
あたしには独力で生き生きなんて一生できそうにないやっておもった
出目徳の後処理はあたしにはむごいけどむごくなんかないのだろうね
すごかった
ほんまにすごかった終盤の麻雀牌とか雀卓のカットかっこいいちょっと今っぽい
Jun

Junの感想・評価

3.9
命をかけたてんほう
mako

makoの感想・評価

5.0
《2018#7》

2017年11月に録画。
今日観ました。

私、中学の頃から真田広之さんのファンで真田さんの出演作はほとんど観ています。なので、この映画も観ていました。
filmarksはなるべくレビューを書こうと思っているので改めて観直しました。

阿佐田哲也の同名小説を基にイラストレーターの和田誠が映画化した初監督作品。原作は以前映画を観た時に後日読みました。
戦後の東京を舞台に、坊やてつ(真田広之)が上州虎(名古屋章)と再会し、その後ドサ健(鹿賀丈史)と知り合いドサ健と組むがほどなく裏切りにあう。その時にクラブのママ(加賀まりこ)と親しくなりママと組んで賭け麻雀を覚えていく。その後出目徳(高品格)と知り合い組むようになる。坊やてつが博徒になっていく成長物語。

モノクロ映画なので戦後の雰囲気がよく出ています。
当初ドサ健役は松田優作にオファーを出していたそうですが松田側の都合がつかず鹿賀丈史になったそうです。
麻雀を知らなくても楽しめる映画でした。積込みやサインなどのイカサマも知ることができます。
時代的にタバコを吸うシーンが多く、ヒロポン(覚醒剤の一種)を打つシーンもあります。
ラスト近く賭け麻雀をするシーンでは4人の背後を旋回するワンカットシーンがあります。博打をする4人のヒリヒリした感じが出ていて良いシーンでした。出目徳の最期はこれぞ博徒って感じで印象深いシーンです。

あと劇中でママがアメリカ人と賭け麻雀をして勝った金を一緒に麻雀をしていた人に奪われた時に叫んだ台詞が印象に残りました。
「バカヤロー、男は殺して女からは盗むのかよ。日本が負けたからって私は降参した覚えはないからね。」
戦勝国が敗戦国を下に見ていた事を表しているシーンだと思いました。

真田さん、当時24歳なんですがイケメン!で、ちょっと可愛い♡
そして皆、当たり前だけど若い!
大竹しのぶが可愛らしい。加賀まりこが綺麗。
鹿賀丈史も格好良くて、平気で裏切ったり自分の女(大竹しのぶ)に非情な態度をとる役がハマっていた。
高品格のふてぶてしい演技が最高でした。
傑作映画だと思います。
淡々としてるのにめちゃくちゃあついんだよな
負けたら負けの男たちが格好いい
出目徳さんん〜〜
Kensuke

Kensukeの感想・評価

3.0
正月らしいのと思って鑑賞。

戦後日本のカオスな感じがカッコよかった。

豪華キャストの若い頃も良かったし、
伏線と思われるものも、回収されたんだかどうか適当でサラっと終わってしまうのも、博打打ちらしくワイルドで良かった。
KY

KYの感想・評価

4.5
2017年映画納めはコレ。
冒頭からラストシーンまでずっとカッコイイ。一生、付き合う映画。
カッコいいクズになりたい。
麻雀にゎ沢山の想い出がある
渡米してシスコで覚えた時の師匠ゎ「一発ツモのトシさん」と仲間内で呼ばれてた
三回しかツモが残ってなくても「山にあと二枚ゎ残ってるな」などと言いながら、間三ピンのオープン・リーチを一発でツモるような人だった❗

ラジオDJが60時間連続放送をしたと聞いて、仲間と70時間連続麻雀をしたのゎホノルルでだ!

阿佐田哲也とゎ面識ないが、歌舞伎町のフリーの雀荘でゎ五味康祐ゃ伊集院静とも打った

仕事関係の麻雀仲間20人での年末清算麻雀で独り勝ちをし、負けてボーナスゎおろか腕時計まで置いて帰った一人が、帰り道に交通事故で亡くなったのを期に、オイラの麻雀放浪記ゎ終りを遂げた

「青春の門」と「麻雀放浪記」ゎ筑豊で生まれたオイラの原点を思い出させるほろ苦い作品である

ーーーーー

オイラのいい加減で真面目な駄文に付き合ってくれた皆々様、今年も有り難う御座いました

くる年が皆様にとって良い日々であります様に❗

平成二十九年末日 m(__)m
>|