Hitomi

PicNicのHitomiのレビュー・感想・評価

PicNic(1996年製作の映画)
4.5
どうしよう、とてつもなく好きだった。
岩井俊二監督の抽象的な表現に見せかけながらも、目に焼き付けるシーンをしっかり作ってくれるギャップに虜です。
人によっては極端に感じる表現も多いのかもしれない。
塀の下は死。
世界が滅亡するときは私が死ぬとき。
人を憎んでも何も変わらない。
自分を赦し、相手を赦す。
しっかり聖書の考えもに取り込まれていて、その思想とみんなの衣装が相まって綺麗だったな〜。
穴空いたボロボロの傘、雨なんてやけやしない。でも愛は存在した。
彼らの目にはソトの世界はあれくらい危険なものだったんだろう。
ものの60分とは思えない印象的な映画。
カットされた暴力的なシーン、そこに持たせた意味合いも気になるところ。