キミシマムザ裕君

アパートの鍵貸しますのキミシマムザ裕君のレビュー・感想・評価

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)
4.0
NYの保険会社勤務の冴えない平社員であるバクスターは上司数人に自分のアパートを逢い引きの場所として貸すことで出世を有利に働かせようとしていたが……

先日自分に衝撃体験与えてくれた映画『情婦』のビリー・ワイルダー監督代表作の一つ!
アカデミー賞作品賞他五部門受賞のロマンティックコメディ。
最近仲良くさせてもらっているユーザーさんからCDを借りた時に何故かDVDも6枚入っていたのでそれを鑑賞。2枚目。

「あなたみたいな良い人と恋に落ちれば良かった……」

出ました。こちら
【全日本"良い人止まり"ランキング】
毎年TOP10入りを果たしている自分自身が彼氏持ち女性に最も言われた回数の多いセリフだ!!
このセリフだけで感情移入して加点0.2点待ったナシだったゾ!!

という個人的背景は置いといたとしても今作が名作とされるのは誰でも納得てきるだろう。
まぁそもそも設定が現代の日本人からしたら突飛で理解出来ない。

「愛人とイチャコラしたいからお前んち貸してくれよ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎うぇーい」

という社会のクズ上司共の巣窟と化してしまった主人公のアパート。
しかし出世のためと我慢してチーズクラッカーを買っといたりシャンパンを用意したりとお・も・て・な・しの精神を大事にする主人公には同情せざるを得ない!きっと映画には出てないが使用済みのゴ〇ムとか汚れたシーツも掃除してたんだね!大変だったね!
これが社会人なのか…
そんな彼が出会ってしまった運命のエレベーターガール。しかし彼女は自分の上司に夢中という悲劇…
出世をとるか……
恋をとるか……

切ないですねぇ
自分も出世のためなら上司にアパートを貸すか考えたが絶対貸さないだろうなぁ(笑)

「てかお前らラブホ行けよ!!」

という野暮なツッコミはなしだ。きっとアメリカはモーテル的なやつだしNYともなると料金とか色々アレなんだ。うん、アレだ。

古い映画なので俳優は知らないが主演の男優ジャック・レモンもヒロインのシャーリーマクレーンも美人さんで絵的にホクホクできた。

主人公の真っ直ぐな愛情に癒されること間違いなし!
パッケージの絵がどのシーンのものなのかわかった時も笑顔になれるだろう!
それにしてもこれは邦題が成功したイイパターンだ。

とにかく皆さん一言だけ!

不倫、ダメ、ゼッタイ!!

〜オマケ〜
※見た人向け

メンチュて何語なんですか?(笑)

昔の名作を見てみたい方、ビリー・ワイルダー監督のファン、そして出世のためなら上司にアパートをラブホ代わりに使われてもいいという意識高い社会人の方にはオススメの作品。