Ayano

アパートの鍵貸しますのAyanoのレビュー・感想・評価

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)
4.0
皆さま、遅ればせながらあけましておめでとうございます。Filmarksを始めて1年、少しずつレビューを書くのも楽しくなり、今ではコメントまでいただけるようになってとても嬉しく思っています。今年もよろしくお願いいたします!

前書きが長くなりましたが、12月31日に鑑賞しましたので、2015年の映画納めが本作でした。
自分のアパートを、上司たちの不倫の密会現場として使わせちゃう心優しき(?)主人公のバクスター。
お人よしでお調子者で、不憫でさえなくて。なのにずっと笑顔のバクスター、こんなに応援したくなる主人公ってなかなかいないなぁ。
バドミントンのラケットの湯きり、さりげなく剃刀から刃を取るシーン、バクスターの愛らしさが爆発します。
そんな彼を観ながら、どうか幸せになってほしい、と思う大晦日の日、カウントダウンは「蛍の光」。万国共通!と、嬉しくなりました。

今年も素敵な映画生活が送れますように!