フレスコの傘

コードのフレスコの傘のレビュー・感想・評価

コード(2000年製作の映画)
3.5
人工授精によって懐妊したアンはある日、何者かによって誘拐され監禁される。アンを監禁した風変わりな夫妻から「あなたが妊娠しているのは私たち夫婦の子供なの…」と告げられるが…。

恐るべしジェニファー・ティリー!この一言に尽きる。甘ったるい声で囁き、時には愛玩犬のようにきゃんきゃん吠える。奇抜な服装を身に纏い、いつも情緒不安定で落ち着きがなく、まるで子供がそのまま大人になってしまったような超危険人物を見事なまでに怪演。

シーンの切り替わりがTV映画のようにブツ切りになるのがちと気になったが、ジェニファー・ティリーの狂いっぷりが本当にスゴい!スゴすぎる!!この圧倒的な演技を前にして我々はただ平伏すしかないだろう。

ちなみに邦題の『コード』だが、臍の緒(正しくはumbilical cordではあるが)のことを意味していると知り、今静かに震えている…。