EnoTaka

A.I.のEnoTakaのレビュー・感想・評価

A.I.(2001年製作の映画)
3.6
最初から自分がこういうジャンルは苦手だっていうのは分かってて、ずっと見るのを避けてたけどそろそろ見ないと逆にモヤモヤすると思ったから鑑賞。うーんやっぱり自分には合わなかった。こういう近未来を描いたロボットとかAI系のジャンルは苦手だからまあしょうがない。今作品はキューブリック原案、スピルバーグが監督っていう訳だけど、正直言うとキューブリックに監督してもらいたかった。まあ彼は製作が始まる前に亡くなってしまったし、もとから監督はスピルバーグに託すつもりだったらしいから仕方ないけど。なんか変にファンタジー要素とかエンターテイメント気質を組み込んだことによって、子どもから大人まで全ての層に見てもらおうとしてる感じがこの作品の質を下げてると思う。ちょっとブレがあったし無茶なように感じた。もうぶっちゃけ子どもには見てもらえなくてもいいやみたいな気持ちで、キューブリックがガッツリ哲学的にして社会風刺を交えた作風にした方が映画自体はいいものに仕上がったと思う。あと内容としてはもっと家族とロボットの関係性にスポットを当てて欲しかった。自分が見たいのはそういう展開じゃなかった。ちょっとこの作品に勿体なさを感じてしまった。