A.I.の作品情報・感想・評価

「A.I.」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

3.0
スピルバーグの作品って幼い頃から見る機会って多かった気がするけど逆にそこまで記憶に残ってるのも少なくって、本作もたぶんそんな感じの作品。有名だけど内容全く記憶になかったので再鑑賞です。

今では全く面影のなくなってしまった天才子役のハーレイくんがバリバリに主役を演じてくれてます。当時はハーレイくんとダコタ・ファニングは可愛すぎる容姿で期待されてたのになー。ダコタも今ではエルには勝てない感あるし。成長の恐ろしさを感じます。
話はそれましたが、ハーレイくんがデイビッドという子どもロボットを演じる作品。可愛いだけじゃないですね。ロボットらしい特徴をしっかり捉えた演技をしていて、一見人間と何ら変わりないように見えてどこか視線や表情など違和感がある、という違いを上手く演じ分けてます。

そんなデイビッドは子どもロボット。技術は進み、このロボットは「愛される」ことを求めるロボットだ。
他のロボットがスクラップされていくシーンがある。確かに「人間が勝手に作ったくせに」「必要がなくなったらすぐに廃棄」「ロボットに取って代わられるのが怖いんだ」などと皮肉を叫んでいますが、それらのロボットはスクラップされること自体に抵抗はしないわけです。
その点、デイビッドは母親からの愛を求め続け、その愛くるしい容姿と気持ち故にスクラップを逃れることができるわけですが、「愛」が本作のテーマであることは否定するまでもない。

ただ、母親から愛されることだけを望むデイビッドに感情移入すると、前半部分は見るもつらい展開である。本当の息子を失った悲しみで勝手に育てようとしといて、本当の息子が戻ってからは何なんだ。プールでなぜ拾い上げない。病院ではなぜ手を離す。あまつさえ捨ててくるなんて身勝手過ぎることこの上ない。責任感がなさすぎて、母子の愛に素直に感動なんて正直できない。

でも感情移入できないのは別に親がどうこうとかいう問題だけではない。デイビッド自身の愛もやはり機械的でしかないのだ。
「愛されたい」と望む感情。そこにはどうしてわかってくれないんだという憎しみだったり、苛立ちだったり、時には気持ちに逆らって避けてみたり、逃避してみたり、人間ならば表現は様々だ。
一方、デイビッドはただひたすら愛し続ける。自分が愛されるために。これこそまさにプログラムであることの裏付けでもあるだろう。
だとするならば、本来ただひたすらに愛し続けるのは親のすべきことで、親は別に自分が愛されたいから愛しているのではなくそこにあるのは無償の愛なのであって、この作品が表現しているデイビッドの感情は愛されることは子どもとして誰もが抱く感情かもしれないが、そのために無償の愛を送り続けるのは現実との乖離があり、そもそもの感情を理解し難く感じるのは至極真っ当なことだと思うのだ。

以前ある住職の話で「人に愛されることを求めるばかりでは世界は良くなってはいかない。自分がいかに愛してあげられるかが大切なのだ」という趣旨のことを話していた。
自分はそのことがすごく大切なことで、そう心がけたいと思っている。
しかし、だからこそ本作のデイビッドは自分は共感できなかった。最後まで見てハッピーエンドなのか、それとも切ないと捉えるのか、両論あるとは思えるが、それ以前のところで間違っていると思えてしょうがない。
もしこの作品を子どもに見せることがあるならば、私は声を大にしてこう伝えたい。「本当に何かを愛していたのはテディだと思う」と。テディこそ無償の愛を捧げ続けていたと思う。ひねくれてるだろうか。
あき

あきの感想・評価

3.8
公開当時映画館で観ました
感動してボロボロ泣いていた記憶
(10年8月 BS 5点)
en

enの感想・評価

3.0
記録
まずパッケージロゴに惹かれて鑑賞した。無機質だけど素敵なデザイン。
物語的には「AIと人間をどの基準で区別し、人間の尊厳を守るか?」というストーリーだと思っていたが、「時空・種族を超えた愛」のお話だ。‥と思いきや、ゆっくり思い返すと、やはり「自分勝手に環境を汚染し、利用価値のあるAIを造り出した人間への警鐘」ストーリーともとれる。起承転結しっかりしてて、とても見やすい映画だけれど、何重にも重ねていて深いストーリーだった。
ラストは賛否両論あるが、私はどちらとも言えない。確かにWikipediaにあるように、あの海底のシーンがラストで良かったかもしれない。ナレーションも入り、時間的にも良かったから。私もあれがラストだと思った。から、それ以降集中力が欠けてしまった。だけどあのラストは、ご都合主義に見えるかもしれないが、どんなラストよりもハッピーで切ないラストだった。
余談ではあるが、最初の「AIが人間を愛すなら、人間もそれに答える責任があるのでは?」という問いは、これから技術の進歩が続いても、絶対に忘れてはいけないと思う。
‥でも、最初のナレーションではいった「地球温暖化が進み、都市も沈み、妊娠許可を取らなければいけない世界」という設定は、無くても物語は進んだよね。
mahiharu

mahiharuの感想・評価

3.0
tvkで再鑑賞。
2017.4.2
17年前とは思えないねー
すばらしー
kaicho

kaichoの感想・評価

3.7
2001年の映画というのが凄い。
どこまで行っても、人間は勝ってだった。エゴイストだった。
まさに先取り。すごいな
>|