A.I.2001年製作の映画)

Artificial Intelligence: AI

上映日:2001年06月30日

製作国:

上映時間:146分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「A.I.」に投稿された感想・評価

めい

めいの感想・評価

4.0
記録用
miu

miuの感想・評価

-
心理描写が細かくて感情移入できる
最後のシーンが切ない
ち

ちの感想・評価

2.8
ロボットだけじゃなくて、人間にも生まれながらに無条件で親を愛する機能備わってるのでは??
心や夢、愛を持つ代理家族ロボットを描いたスピルバーグ監督作品。
亡くなったキューブリックの代わりに彼が引き受けたのは有名な話です。
ロボットに愛が分かるこそ愛情を求める姿が哀しく、人間の理不尽さにも哀しく感じました。
ロボットが生きるとはどういうことか、権利はあるのか等考えさせられます。
切ないですね。
キューブリックだったらどんな描き方をしていたか気になります。
ちょっと前の作品ですが、CGも違和感なく観られるものでした。
ありさ

ありさの感想・評価

4.3
悲しくて切ない映画。
「I was 」がすごく印象的
でん

でんの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

キューブリックとスピルバーグという
夢の巨匠コラボ作品✨

感想を書いてるだけで涙出てくる。
悲しい愛に縛られたデイビッドの
求めてた最高なラスト。

デイビッドはただ母親の愛が
欲しかっただけなのに
実の子供は生き返るわ、性格悪いわで
はめられて無残に山に捨てられる。

愛の呪縛により母親を求め続け
こんなにデイビッド辛い思いさせるの?
誰が悪いって結局製造側の人間だよ。
作らなきゃ、買わなきゃデイビッドが
こんな理不尽に辛い思いしなかった。
いや母親も辛い思いしなかった。

なんで愛まで求める設定にしたの、
こんなに辛く悲しい物語ーー!

セックスロボットと会う世界は
ブレードランナー感あるが
性的なロボットにしたのは
キューブリック感ある(笑)

美しいが辛い作品。非常に感情が疲れる。
ぬん

ぬんの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

ジュードロウさん役とクマが1番人間だと思う。この2人が大好き。
人生で1番観た。組み込まれているシステムで人を愛し続けるというのが悲しい。涙が止まらない。
主人公が最後まで母親に息子として愛してもらうことだけを願っていたのが、たまらなく悲しい。1日だけ生き返った母親が、たった1日でも彼だけのお母さんになってくれたのが救い。
「機械は心が持てるか」という問題は昔から多く語られてきましたが、この映画はその問題の1つの答えになっているように感じられました。
>|