おりたたみ入道

バタフライ・エフェクトのおりたたみ入道のレビュー・感想・評価

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)
4.0
日本でいう時をかける少女に近いがそれよりは少し重く暗い印象。
過去を修正しにいくが悪い結果になってしまう主人公の最後の判断、そしてケイリーと数年ぶりに出会うクライマックスは切ないと同時にこれで良かったと納得のいく話です。
でも切ない。