バタフライ・エフェクトの作品情報・感想・評価

バタフライ・エフェクト2004年製作の映画)

The Butterfly Effect

上映日:2005年05月14日

製作国:

上映時間:114分

4.0

「バタフライ・エフェクト」に投稿された感想・評価

RM

RMの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

最後の決断に納得。
だけど大人になって会えない結末に泣きそうになった。

特典映像に違うエンディングバージョンが収録されていたけど、ストーカー編は嫌だ。笑
涙のハッピーエンド編も、なんか違う。
さかえ

さかえの感想・評価

4.0
とても面白かった🤗
よかったああああ。これは色あせてなかった!!

BTTFとちがって、タイムパラドクスにも抵触しないように脚本作られてるし、なんか安心して見れた。
ヒロインの切り替えの演技がマジで圧巻すぎ。
今の自分の恋愛模様にもしっかりかぶせて見れたし、これはマジで人生におけるおすすめ映画でまあ間違いないな。
浩太朗

浩太朗の感想・評価

4.1
めっちゃ面白かった!!
パラレルすぎて途中ほぇーってなっとったけラストでバンッって打たれた。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

4.0
ラストが良かったです。

このレビューはネタバレを含みます

どこの配信にもないのでDVDを購入して視聴。とても評価の高い映画なので楽しみにしていた分、ハードルが上がってしまっていたのか、そこまで感動しなかった。

タイトルのバタフライエフェクト(バタフライ効果)とは・・
『非常に些細な事がきっかけでとてつもない変化をもたらすこと』
誤差が拡大しカオスになること(カオス理論)とあるが、タイトル通り、日記を読むことでその時点にタイムリープする能力を持った主人公エヴァンが自分の周りの人間を《不幸が起こらなかった時間軸》に導こうとするのだが、都度誰かしらにより大きな不幸が降りかかってしまう、というストーリー。

同梱のディレクターズカット版では別エンディングが観れるようなのだが、こちらは未視聴。
通常エンディングでは最終的にエヴァンが最も愛していたケイリーと『そもそも友達にならない』という選択をすることで全ての人々の不幸を払拭するというオチなのだが、エヴァンがケイリーと人生を歩めなくなるという最大の不幸を負ったという切ないオチなのだろうけど、やや感情移入しにくかった。
だって、一番初めのルートでエヴァンはケイリーを迎えに行かずに放置してたのに急に愛だなんだと言われても・・・ ということ。
モカ

モカの感想・評価

1.5
この映画は何度観ても好きになれない。
性的なセリフを無駄に使うからなのか、
役者に魅力を感じないからなのか…
なんでだろう…?
題材もラストもいいんだけどね。
やっばい良い映画やな〜
最後のシーンで驚いたし悲しかったし感動した。色んな感情が押し寄せてくる映画ってあまりないと思う。個人的にはポスターがもっと親しみやすいと良いかな☺️
たらればシーンがまじめに実生活でワイ底辺の生活なんか!!!!!って感じだったわ…
ふに

ふにの感想・評価

4.8

ほんとに好き
1番好きな映画といっても過言ではないかも

映画館で見てみたかった。
レンタルとかで見るときってついスマホいじっちゃったりするんだけど、これに関してはのめり込みすぎて他のことに一切手をつけられる気がしない。
いぬ

いぬの感想・評価

5.0
タイムスリップできる能力を持った主人公が、最愛の人のため、最良の結果を目指し人生のやり直しに奔走する映画。
起承転結がしっかりしており、テンポが良く、伏線回収も秀逸で、終盤の怒濤の展開には手に汗握り、見終わった後は心がキューっとなる作品。

タイムスリップものでは最早お決まりとなっていますが、時間を巻き戻せる能力があれど物事はそう上手くはいかず、主人公は疲弊していきます。
運命を変えようと必死にもがく主人公は純粋に応援したくなりますが、主人公の人生のやり直しにより変化する周りの人物たちには面白さを感じるのとともに、人間は誰しもちょっとした環境の違いによって善にも悪にも染まってしまうという事実に業を感じます。

そしてこの映画は何よりもラストシーンが最高なんです。最終的に主人公が選んだ決断、演出、今までの泥水を啜るような展開は全てこの一瞬のシーンのためにあったんだなあと強く感じます。
鑑賞後の余韻が最高な映画。
>|