バタフライ・エフェクトの作品情報・感想・評価

バタフライ・エフェクト2004年製作の映画)

The Butterfly Effect

上映日:2005年05月14日

製作国:

上映時間:114分

4.0

「バタフライ・エフェクト」に投稿された感想・評価

切ないけど胸がいっぱいになる映画。
エヴァンのケイリーやレニー、母親を思う気持ちがいつまでも余韻を残す。
彼らに囲まれていても、エヴァンの闘いは終始孤独で、煩悶と葛藤ばかり。
懸命に悩む姿にいつの間にか引き込まれる。
細かいところで「ここはどうなってんの?」と訊きたいところはあるけど、最後の怒涛の切なさで全部持って行かれる。
1番好きな映画
昨年何年かぶりに鑑賞したが、前に観た時と感じ方が全然変わった。境遇と言うか自分と重ねてしまう所が多かったからなのかすごく心に響きエヴァンの行動、言動には感動されられた。間違いなく自分の中のトップ10に入る映画でした。
みほ

みほの感想・評価

4.1
怖い話かと思ったけどハッピーエンドで良かった!シャッターアイランドとは真逆で出来事は全て真実だけど、過去を少し変えると未来も大きく変わる。蝶の羽ばたきが世界の裏では台風に変わるかもしれない、伝えたいコンセプトがシンプルで良かった。悲しいけど運命をその時共にしないほうがいい未来もある。何が正解かなんてやっぱり過ぎてからじゃないとわからないし、たとえ状況が悪くても生きてさえいればそこから未来を変えることはできる。最後に希望の見える映画だった。
ユーキ

ユーキの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

タイトル『バタフライ・エフェクト』の通り、主人公エヴァンの取った小さな行動により、周りの人々の人生が大きく影響される。
エヴァンは日記を読み返すことで、その当時の過去に戻る事が出来るという能力を使い、よりよい未来のために奮闘するというあらすじ。

何度も過去の選択を繰り返しても誰もがハッピーになる未来を導くことはできず、最終的には愛する女性ケイリーとの関係を断つことで、平穏な未来を手に入れるという結末。

最愛の人との関係を断ち自分を不幸にすることで、彼女の人生を守り幸福に導くという決断には涙。
自分にとって最良の選択をすることが、周りの人々にとっても最良とは限らない。
(受験で自分が合格しても、一緒に受けた同級生が不合格になることがあるように)

エヴァンの短期間記憶喪失は、未来から介入したときに発生するという、伏線の回収は見事。
ただ、なんとかエヴァンもケイリーもトミーもレニーもみんな幸せになる結末にたどり着いてほしかったなあ。
そーた

そーたの感想・評価

4.5
終わり方が音楽とマッチしてめちゃくちゃ良かった
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.5
良かった
Kazu

Kazuの感想・評価

4.3
面白い。
タイトル通りの話。

新たな過去につながる今はどんな道を選んでも幸せになれない。

そして主人公が最後に選んだ過去は----。
Hani

Haniの感想・評価

4.0
アシュトン・カッチャーの映画で観たことのある中で、一番好き。よくできた脚本だな〜と思った。
>|