三畳

アラジンの三畳のレビュー・感想・評価

アラジン(1992年製作の映画)
4.0
山寺宏一ってはんぱないなと思わされました。自由自在すぎ。これを演じれる日本人は山寺宏一しか思い浮かばない。

このジーニーのノリ!登場時のワクワクをずっと貫くんだね騒がしくって目まぐるしくって怒涛の漫画的アニメーション表現の連続!全く飽きさせない!いちいちジョークに合わせた効果音もマメだな。

ジャファーの存在感はなるほどランドのショーでもよく出てくるわけだ!デザインが良いね。ヘビ化するところも好き。

ジャスミンもしょっぱなからボケかます(姫なので市場で金を払うことを知らずに商品を取って、責められ、この子知的障害なんだ!とハッタリ船に乗っかって演技)ところと、虎を手懐けるワイルドさと、挑発的セクシーさを兼ね備えてておもろいヒロインだと思います。

挿入歌もどれもアラビアンですてきだった。お話も冒険ありトンチあり教訓ありで良かった。