プラネット・テラー in グラインドハウスの作品情報・感想・評価

「プラネット・テラー in グラインドハウス」に投稿された感想・評価

セクシー、ゾンビ、ガンアクションに爆発とこれでもかの大サービス。細部まで本気で作ったB級映画は笑えるのにカッコいい。狙いすぎた安っぽさがむしろ極上の娯楽作になるという、ロバート・ロドリゲス(とタランティーノ)にしかできない芸当。

銃で撃ったゾンビの血糊の量が笑えるほどスプラッシュ。わざと傷の付いたフィルムっぽさを出したり、さらにはフィルム消失を装って途中をスパッとすっ飛ばしたり。冒頭のウソ予告編がその後本当に『マチェーテ』として映画になったのは今更ながら面白い。

撃つなよと言って撃たれるマイケル・ビーン、バカすぎるタランティーノ、鬼畜のジョシュ・ブローリン、いつも通りのブルース・ウィリスに爆笑。片足マシンガールのキメ画の連続にも爆笑。そして笑いながら死んでゆくオヤジにサムズアップ。最高に楽しい。
nobuo

nobuoの感想・評価

4.0
同じロバートロドリゲス作品「スパイキッズ3D」の口直しに鑑賞。
こちらには大満足!

丁寧に描かれるケレン味たっぷりのキャラ達が魅力的!
ゴアシーンもかなりどぎつく、特殊メイク技術の凄さに感服させられた。(CGだったのかな...どっちかわからんシーンが多かった)
観てる途中までは「片足の銃が出てくるのはいつだよ!!」という不満もあったけど、溜めに溜めて放たれた一撃の爽快感は格別だった。よく考えたらストーリー的にも、アレを撃つのは後半じゃないと意味ないしなー。

ストーリー自体はベッタベタなゾンビ物を意識してるんだろうけど、これ同ジャンルの中では相当良い出来のほうなんじゃ...?ラストもベタだけどほんのり感動した。
ロバート・ロドリゲスの突き抜けたB級アクション映画。
迫力満点でぶっ飛んだ発想のアクションは唯一無二!
クエンティン・タランティーノの生き生きとしたお下品な演技にもご注目。
ロバートロドリゲス、絶対バカだ。友達になりたい
ななな

なななの感想・評価

3.7
コメディホラー

人体が柔らかい設定になってて、手で千切れる。
ストーリーや設定とか考えずに、楽しんでみましょう。
ゾンビものってあんまり好きじゃないんだけど、これとショーンオブザデッドは別!
我が家でゲラゲラ笑いながら観てたら、娘に白い目で見られてしまいましたがww
バカバカしいまでに血と肉片が飛び散るので、その手のが苦手な方にはオススメできません。
>|