プラネット・テラー in グラインドハウスの作品情報・感想・評価

「プラネット・テラー in グラインドハウス」に投稿された感想・評価

セクシー、ゾンビ、ガンアクションに爆発とこれでもかの大サービス。細部まで本気で作ったB級映画は笑えるのにカッコいい。狙いすぎた安っぽさがむしろ極上の娯楽作になるという、ロバート・ロドリゲス(とタランティーノ)にしかできない芸当。

銃で撃ったゾンビの血糊の量が笑えるほどスプラッシュ。わざと傷の付いたフィルムっぽさを出したり、さらにはフィルム消失を装って途中をスパッとすっ飛ばしたり。冒頭のウソ予告編がその後本当に『マチェーテ』として映画になったのは今更ながら面白い。

撃つなよと言って撃たれるマイケル・ビーン、バカすぎるタランティーノ、鬼畜のジョシュ・ブローリン、いつも通りのブルース・ウィリスに爆笑。片足マシンガールのキメ画の連続にも爆笑。そして笑いながら死んでゆくオヤジにサムズアップ。最高に楽しい。
羊

羊の感想・評価

4.0
ホラーのところはちゃんと怖くて、アクションシーンは格好よく、コメディは面白い、キャラクターもみんな良かった!

めちゃくちゃグロいから苦手な人は気を付けて。
めっちゃおもろかったけど何にも覚えてねー!
B級映画感満載の作品です!

ゾンビものの映画ですが、何故かネット検索でのおすすめレビューや雑誌の映画特集等にゾンビ映画枠で入っていないため見逃している方も多いと思います。

登場人物はキャラが濃く、しれっと登場してゾンビ映画らしからぬ派手なアクションと渋いキメ台詞でテンションが上がります。「酔拳」や「ゾンビランド」等コメディ寄りのアクションが好きな方におすすめです!

キャストにタランティーノ監督やブルースウィルスが登場していたり、冒頭の存在しない映画の番宣で流れていた(こういうところもB級映画感を醸し出す要素になっている)マチェーテはこの映画の後々に撮影されていたり細かいところや雰囲気に意外性を感じる映画です。
B級映画を敢えて作ろうという企画にロバート・ロドリゲスが超絶マッチ!
柔らかすぎる人体がホロホロと崩れ落ちるアクションに思わずほっこり。
銃撃戦を撮らせたらロドリゲス監督はピカイチだな。
キンタマコレクションは笑えるけど、感染者のブツブツとかがちょっと気持ち悪すぎる。
31monks

31monksの感想・評価

3.3
サービス精神旺盛。
たいち

たいちの感想・評価

5.0
最高のゾンビ映画。

登場人物のキャラが立っているし、強い女が出てくるし、シャバシャバの血がたくさん噴き出すし、僕が求めているものが全て出てくる。

タランティーノがめちゃくちゃ面白い役で出てくるので、それだけでも見て欲しい。いや、全部見るべきだ!
m

mの感想・評価

-
2013/08/15
いちいちカッコいい
最高
>|