プラネット・テラー in グラインドハウスの作品情報・感想・評価

「プラネット・テラー in グラインドハウス」に投稿された感想・評価

グラインドハウスというのは、B級映画を2本、3本立てで上映する映画館のことで、70年代までアメリカ都市部の郊外に多く存在した。ということを、私は知らなかった。

70年代のアメリカの若者といえばヒッピーやロッカーだと思っていたが、こういう映画館に集まるのはどういった連中だったのか。

ネットで少し検索すると――、映画の質と同様にいかがわしく真面目に映画を観ようという気などないような客ばかりだった。そんなことを言われてもそれがどんな様子だったのか、私には想像できないが、70年代のアメリカ郊外で青年期を過ごしたとしたら私は間違いなく1人悶々とグラインドハウスに足を運んでいただろうことは容易に想像できる。

これを『デス・プルーフ』と二本立てで観れたらと思うと、10代の私にはすごい体験だ。その晩は眠れなくなりそうだ。

しかし、タランティーノとロドリゲスじゃなければ、こんなに上質なB級映画はないだろう、とも思うのだが。
9

9の感想・評価

-
二人で世界に立ち向かってくれ〜〜!!!
トゥルー・ロマンスだよこんなん

ゾンビのグロさというか汚さが潔くて気持ちいい
金玉を詰めた袋をきびだんごみたいに持ってる科学者とかブルースウィリスより出ずっぱりのタラちゃん(そして金玉がとれる)とかミニバイクオラつき乗りとかしょうもないところで散々笑ってしまった
後ろ向いて乗れって言われてニッコニコで恋人にまたがるチェリー可愛すぎて悶え 映画の中のカップルにあんま感情移入しないのにすごいときめいた…
ナオト

ナオトの感想・評価

3.7
見やすいし単純でわかりやすい!
グロさもちょうどいい
大街道

大街道の感想・評価

3.5
キャストが豪華なB級ゾンビ映画。タランティーノの名前につられて観たけど後悔はしていない。グロが過ぎました。好きな人にはたまらんと思う。
俺にとっての見所は2作出てる女医さんとジョシュ・ブローリンだけだった。
Kassaa

Kassaaの感想・評価

4.0
登場人物の扱い方がかなり予想を裏切ってくる
BGMが好きすぎる
個人的に「LOST」に出演してるキャストが何人か見れたので良かった

このレビューはネタバレを含みます

いやあこの時代によくこんな映画作ったなと笑。足から放たれる銃撃に勢いよく吹き出す体液、景気よく爆発炎上する車やドラム缶と非常に爽快。どうでもいいけど、いいところだったのにフィルム焼き切れた場面支配人の謝罪含め変な笑い出た。

●好きなポイント: やっぱり飛んだり跳ねたりブリッジしたりな片足銃アクションが素晴らしかった。それと"無駄な才能37"も好き。
【字幕/録画視聴】
>|