Canape

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアのCanapeのレビュー・感想・評価

4.6
余命僅かなルディとマーチン。ルディの人生最期の夢を叶えようと病院を脱走した2人のロードムービー。ギャングなのにちょっと抜けてて掛け合いがコミカルなヘンクとアブドゥル、無茶苦茶で無謀なのに行く先々ですることは時に粋で愛すら感じるルディとマーチン。煙草を吸う姿やスニーカーを合わせたスーツもなんかかっこいい。死を前に夢を語り合い、同じ境遇にいる相手を思いやる。現実的なルディがマーティンの為に熱くなり、昔からの友達みたいに並んで歩く。さらっとジャケットのハードさとは裏腹に構えなくても見られる気楽さと、誰一人殺していないのもいい。最後のルトガー・ハウアーの計らいと語りが染みる。この映画でわかった父から譲ってもらったピンクの車の正体。テキーラと煙草。白くしぶきをあげ何枚も重ねたようなレースの様な波。壮大な自然の前の小さな2つの影。今の私は、一つだけ願いが叶うとしたら何をするかな。エンドロールの最後の最後まで見て欲しい。
I'll Survive/Gloria Gaynor
Knockin' on Heaven's Door/Bob Dylan