ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアの作品情報・感想・評価

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

4.0
映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』は、冒頭からラストの直前まで、とにかく「動」の映画だ。登場人物たちは絶え間なく動き回り、状況は刻一刻と変化していく。息つく暇もなく、ストーリーは目まぐるしく展開し、わたしたちをハラハラさせながら物語は進む。本作はラストシーンの直前まで一貫してテンポの良いコメディ調のロードムービーだ。だからこそ、ラストシーンの「静」の美しさが際立つ。

余命わずかと宣告されたふたりの男が病院で出会うところから物語ははじまる。こっそりと持ち込んだ酒を飲み、すっかり酔っ払ったふたりは、海を見たことがないので海を見に行こうと意気投合し、海へと走り出す。

主人公のふたりは警察とギャングに追われ、余命も迫っている。わたしたちは思わずマーティンとルディを応援してしまう。警察にもギャングにも捕まるな、一刻も早くいまだ見たことのない海を見せてあげたい、と。ふたりは何度もコメディ的なピンチに陥るが、そのたびにコメディ的な機転を利かせ、うまくその場を切り抜ける。そんなところが、本作のひとつの見ものだろう。

本作は、さまざまな疑問や思いをわたしたちの胸に中に思い浮かばせる。わたしたちにとって自分が死ぬ前にどうしても見たい風景とは何だろう。それを目にするために、わたしたちは何をしているのだろうか。わたしたちは最後に本当に見たいと願った風景をこの目にするため、今この瞬間を走り続けているだろうか。だからこそ、わたしたちはまっすぐに海を目指して走り続けるふたりを応援してしまうのだ。
余命宣告を受けて同室に入院した男二人
不真面目なマーチンと真面目なルディの脱走劇

壁にかかった十字架を背負ったキリスト像が落ちてサイドテーブルからテキーラが出てくるシーンが最高でそこからエンディングまでひたすら最高のまま終わった。

死ぬということは不幸なんかじゃなくて、
二人にとってはその過程がとっても幸せなんだろうと思った。
HK

HKの感想・評価

4.0
余命幾ばくも無い二人の男が、残りの人生を好きなように生きるために、マフィアのベンツをかっぱらって縦横無尽に海を目指す映画。

ストーリーや演出は、映画を見ない人でもわかるくらいベタベタな内容、何なら2時間ドラマでも良いような内容であると思う。

でも、何故だろう、この死期が近づいている2人が本当にやりたいことをやって笑っている様子を見ると、とても元気になれる。

追ってくるマフィアもコミカルで、しまいにはモブキャラもコミカルなため余計楽しめた作品。

最後にマフィアのボスから許されついに海にたどり着いてのラスト、とても心にしみるラストだったと思う。
EILEEN

EILEENの感想・評価

4.8
海を見たから天国でも安心。もう、オシャレすぎる!
daiki

daikiの感想・評価

4.3
センスの塊
A

Aの感想・評価

4.5
余命わずかな二人。終始やんちゃなマーチンと最初は真面目なルディ。「天国で流行ってることを?今は海を話題にすることだ」と、海を目指して旅に出る。くぅーーーっ!
最高のテンポと笑いと彼らの命の儚さと。
怖いものなしでやることなすことギャングのようになっちゃった彼らが迎える素敵なエンディング。どんな映画でもあのポジションの人間は分かってるええヤツなんだよな。
地味にホテルのボーイが記憶に残った。
自分が余命宣告を受けたら、柄でもないけど詩的な台詞でカッコつけてひと暴れしてから天国の扉を叩いてやりたいとか思っちゃう作品。
物悲しいけどどこか陽気。やりたい事リストのシーン良すぎだろ!良い映画!
どこよ

どこよの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「死ぬ前にしたいことリストのいちばん上」には何がのぼるか、にリアリティみたいなものがあってよかった。母親に車を買ってあげることとか、二人の女と寝るでもいい、残酷ではあるけど死ぬ直前のふたりは多分いちばんよく行きていたよね、みたいな話なのかなーと。

でも最後末期癌の彼の方は海でひとり相方がこと切れて亡くなってしまって取り残されてしまったわけだけど、あそこがさびしくてたまらない。海を見られてよかったよね、というよりは、ふたりで見られてよかったよね、だ。
た

たの感想・評価

5.0

言葉はいらない、ただただ最高。
>|