ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアの作品情報・感想・評価

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」に投稿された感想・評価

SBN

SBNの感想・評価

4.9
病院で残り命が短いと診断された二人の若者。天国で流行しているという海の話をするために、病院を脱走し海へと走り出す。酒、煙草、強盗を犯しながらも怖いもの知らずに(どうせ死ぬから笑)突き進んでく二人の姿が爽快です。コメディ要素もありテンポが良いです。ラストからエンドロールへかけてのボブ・ディランも良い。
k2

k2の感想・評価

3.9

「男」が「男」にする「抱擁」が
こんなに「切実」に。。。
こんなに「やるせなく」感じたのは、
彼ら二人の残された人生が、
あと、わずか。。。だからか。


ーーー「海を見たい、」

彼らはヘルシンキ・シンドロームを装って、海を目指す。


ーーー「天国では、皆が話す。。。」

「海のことを。。、夕陽のことを。。。
海と溶け合うロウソクの光のように
一つだけが残る。
心の中に。。。」


マーチンが言った、
ーーー「ルディ。。。話があるんだ」

ルディは答えた、
ーーー「分かってる。僕が言うよ。
何も怖くない。」


そして、二人は天国の扉をknockした。
TenTen0913

TenTen0913の感想・評価

4.5
いやー、おもろかったな。本当に。
アイチャンネルのおかげでこんな素敵な映画に出会えた。(ちなみにアイチャンネルは僕の一押しユーチューバーです。)

医者から余命数ヶ月って言われて、僕だったら何するかなー。やっぱりマダオとマグロ達みたいに自分のやり残した事やるかなー。親への恩返しと好きな子への告白、あと世界一周とかかなー。犯罪はやっぱりせんと思うけどね笑。

この映画もまた人生の楽しみ方を教えてくれた作品の一つだ。やっぱりせっかく生を授かったんだから死ぬ寸前まで精一杯”今を生きる”って事が大事なのではなかろうか。

そこのあなた、天国への扉を開ける前にやり残したことはありませんか?
おしん

おしんの感想・評価

4.4
ふざけた内容、ふざけた人たち、ふざけた死に様、でもカッコいい映画。
熊八

熊八の感想・評価

5.0
死への恐怖を酒と煙草で誤魔化して、銃を向けられてもヘラヘラ笑って強がって、残された生を愉快に駆けて辿り着いた海の話は、天国で話せばきっと大いに盛り上がることだろう。
私も最期はこんな終わり方がいい。
サエ

サエの感想・評価

4.0
英語以外の言語はなんとな〜く苦手なんだけど、この映画はそんなこと全く気にならなかった。狙ってないお洒落感もツボじゃ〜
短期間で築かれた、シンプルだけど深いところで繋がっている2人の友情と行動力は、怖いものなしだなあ。
天国では、海の話をするんだって。そうだ、海に行こう。いつ天国に行ってもいいように🤸‍♀️
Yucky1018

Yucky1018の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

死を宣告された二人が海を見に行く為に車を盗んだり銀行強盗したり無茶苦茶だけど、ギャングや警察との銃撃戦も沢山出てきたけど多分誰一人死んでないよね?
そこに監督のこの映画における「生」へのこだわりを感じる。
海でのラストシーン、生命の源に戻るような表現が美しくて、死ぬ事さえも美しいもののように思わせてくれた。
>|