怪獣島の決戦 ゴジラの息子の作品情報・感想・評価

「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」に投稿された感想・評価

Kuuta

Kuutaの感想・評価

3.0
1967年公開のシリーズ8作目。前作「南海の大決闘」に引き続き監督は福田純、音楽は佐藤勝。
軽快な音楽に乗せた南の島でのコメディという点はそのままに、怪獣映画というよりは近所の犬の縄張り争いを見ているような、のんびりとしたムードの作品。

円谷英二は特技監修に回り、特技監督は弟子の有川貞昌が務めている。カマキラス、クモンガ、いずれの操演も素晴らしく、本当に生きているようだった。

放射能熱線がかかったばかりの水を飲むのってどうなんだろうか。水が赤いのは南の島のキングコングオマージュ?生まれたてのミニラをいじめるカマキラス。ぷにぷにした体を突っつく様がなかなかひどい。ミニラが意外と目で演技している。ゴジラから鉄拳制裁を受けながらも、なんとか頑張っていた。

サエコ(前田美波里)の衣装が全然汚れてないのが不自然で気になった。足を折り曲げてひっくり返って死んだふりをするクモンガが本物っぽくてキモい。科学者グループと、好き勝手やっている真城伍郎(久保明)の対比で進む人間パートも、どこか緩い雰囲気が漂う。気象コントロールって結構面白い設定だと思うんだけどなぁ。古川(土屋嘉男)の発狂は楽しかった。

南の島に雪を降らせて風景が一変するラストはインパクト十分。どう見ても主人公たちが一番自然を蔑ろにしており、最後のやや唐突な哀愁には人間への皮肉が込められているのだろう。61点。
yuma

yumaの感想・評価

3.3

ストーリーはさておき、ミニラがキモかわいい(o^^o) ゴジラがまさかの教育パパってのも面白いです。

カマキラスやクモンガもなかなかかっこいい。登場シーンも多く、見応えあり。
ミニラかあい
ミニラが可愛いだけの映画かと思ったが
ラスト10分はとてもいい演出でいい映画だと思った。
655321

655321の感想・評価

2.5
シングルファーザー ゴジラ。
裏ではやることやってたのね。
でもそんなにコソコソしてたら女子は不安になっちゃうんだゾ☆
だから逃げられちゃうんだゾ☆
とはいえ息子への愛情表現はタップリだ。
自分は息子ミニラに鉄拳制裁するが、他の怪獣がミニラをイジメるのはやはり許せないらしい。ガッツリ報復する。
これがホントのモンスターペアレント。
その愛を我が身にも受けたいのか、現地の謎の女性サエコ(前田美波里さん)はゴジラの後妻の座を虎視眈々と狙っており、手始めに息子の餌付けを始める。
「ほら、お食べ!」とエサを放り投げるのだが
これがとんでもない大遠投だ。
軽く投げてあの豪速球。
新庄、イチローに匹敵するビバリはフィジカルモンスターだ。


とまあこんな感じでゴジラ家の日常を観る映画なんですけど、最後はゾッとする。
これだけファミリー映画だったのに、怪獣と人の間に明確な壁を作り上げるのだ。
アラ 可愛い的な目線でみせていたゴジラとミニラを、他の怪獣もろとも凍らせてしまうのだ。それを「冬眠しているだけで死んじゃいないさ」で片付ける恐ろしさ。
キャップの前でも同じ事言えんのか!
冷凍睡眠ナメんなよ!
子どもに付き添って観た大人が、完全に擬人化された怪獣親子と、人間たちの身勝手さ・ノーてんきさにニタニタするようつくられた映画。好みでない。
わた

わたの感想・評価

2.5
ゴジラ式子育て映画。
悪杭

悪杭の感想・評価

3.0
カマキラス... クモンガ... 昆虫怪獣が名前でわかる...
ミニラは可愛い。ブサカワイイ。放射するんも輪っか。ダメそうに見えても、以外なところ活躍するの。●●を踏めば熱線も出る。
ゴジラって、オス?メス?どちらかにしてもパートナーがいるはず!でも一切出て来ない。設定ゆるゆるな時代。突っ込んでも東宝まで届かない時代。
>|