カナリアの作品情報・感想・評価

「カナリア」に投稿された感想・評価

向井秀徳お静かに
緑沢

緑沢の感想・評価

-
思い出した、髪の毛これ。
Mayashico

Mayashicoの感想・評価

3.0
長い。バット→手錠→ビンタの応酬は名シーンだった。相変わらず西島秀俊の演技からは人間の温かみみたいなものが一切感じられなくて好き。おれも西島秀俊とハグしたい。
tokio

tokioの感想・評価

3.8
Rec.
❶19.05.10,d
光一の反抗的な眼差しと笑顔がいいね。
うーんこの先どうするのかな?
エンディングでザゼンの自問自答が流れ始めてちょっと笑っちった。
YukiShirai

YukiShiraiの感想・評価

2.5
レズのくだり、いるか?
ネット

ネットの感想・評価

3.8
手の映画。折り紙を折るおばあちゃんの手を執拗に映し続ける。
「牯嶺街少年殺人事件」の少年は、懐中電灯を手放してナイフを握った。今作の石田法嗣の手には金属バットや彫刻刀が握られる。彼がそれらを手放した後に、何を手にして何を言い放つのか。

二人で働き始めるところチョー最高。ヴァルダの「冬の旅」でも同じように、旅の途中で働き始めるくだりがある。その時の笑顔といったら!
バットを手に走る石田法嗣のシーン→コインランドリーの繋ぎが好き。隅っこで座り込む二人の絶望感よ!
ウメダ

ウメダの感想・評価

3.2
全員の演技や演出が終始、不自然に見えました。
この映画を観て思うのは、是枝監督って凄い監督なんだなあと改めて思いました。演出の仕方や、小中学生の子役達の演技指導が非常に上手い方なんだと。本作品の演出と見比べると実力の差が確実に出ておりました。
ラスト、ZAZEN BOYZで一番好きな曲、自問自答が流れるのだけど、それも良い曲にあまり聴こえないような気がしてしまう少し残念な作品でした。
真夜中

真夜中の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

主人公の二人の表情や仕草に釘付けになる132分。演技力がどうとか言う以前に(もちろんそれも素晴らしいんだけど)圧倒的に引き込まれてしまう魅力があった。脇を固める実力派の大人たちの芝居が臭く見えてしまうほど(主人公たちを撮っているときはハンディのドキュメンタリー風でそれ以外はドラマっぽく撮られているのも一因か。)
>|