転校生の作品情報・感想・評価

「転校生」に投稿された感想・評価

小林聡美さん当時何歳?!演技に驚いた。
色んな映画に影響を与えているんだろうなー。
もろドンピシャの世代なので、何回も見たもんです。甘酸っぱいね。尾道が良さそうで行ってみたいと思いつつ行けないまま今日に至る
mac

macの感想・評価

3.9
記録
貝崎

貝崎の感想・評価

4.0
尾美としのりと小林聡美のキャスティングが、もう最高にいい感じでした。絶妙に幼く田舎臭く無邪気。そしてかわいいとにかくふたりともかわいい。尾道を舞台にする意味がここに現れてる気がする。
子供みたいな発想の物語に、決して子供向けなわけじゃない思春期の微妙な心の動きを描き出してて、さらに尾道の町のなんとノスタルジックなこと。あー素晴らしい。思春期とノスタルジーのセット売りほど素晴らしいものはないんだ。日本人にとってのごはんとみそしるくらいに必然なんだ。わー!

「さよなら俺!」「さよなら私!」
8ミリカメラをまわすロマンチスト一夫ちゃん。最後まで完璧。
初めてこの映画を見た時の衝撃、忘れられません。実際に尾道も訪れました。大林信彦監督は天才です。

このレビューはネタバレを含みます

尾道3部作コンプリート。倒錯的で性的。しかし、性を知ることは自分の成長にもなるらしい。「サヨナラ、アタシ」「サヨナラ、オレ」とお別れするシーン、最高。『君の名前で僕を呼んで』でのやりとりもそうだが、人を愛するとはそういうことなのか?まあ、本作では愛を意味するだけではなくて、これまでの自分とのお別れという意味が込められているのだけども。
若い頃は大林の剥き出し感が苦手でしたが、もう関係ないから平気だった!小林聡美が巧い!過剰なくらい男っぽくしているのだが、それが思い切りよすぎて「カッコいい」まで振り切れる時がある。尾美としのりがそこまでいかないのは彼の所為ではなく、監督の『女らしさ』が限りなくオカマちゃんの目指す『女らしさ』だったからであろう。小林聡美に感嘆し、ジェンダーについて考えた。見る価値のある映画。
琉太

琉太の感想・評価

4.0
大林監督の中で「さびしんぼう」「ハウス」の次に面白かった
初めて観た時は尾美としのり、小林聡美の良さが分からず其ほどでもない印象だった
2回目の観賞で街並みの美しさ、心の葛藤とか感じられた
>|