おもち

私の中のあなたのおもちのレビュー・感想・評価

私の中のあなた(2009年製作の映画)
4.0
キャメロン・ディアスとアビゲイルちゃんを追いかけて見つけた本作。なかなかの良作でした。

白血病のケイトのドナーになるために生まれ、生きてきたアナが、ついに腎臓を片方移植することとなり、自分の体を守るために両親相手に訴訟を起こす…
ドロドロの話かと思いきや、家族がお互いに愛し合っているのでそこまで重い雰囲気ではないです。
本来だったらアナがもっと暴れてもいい内容ですが、いい子すぎる…( ; ; )

白血病のケイト本人が一場面を除いて終始明るく前向きなので、海街diaryの幸の台詞を思い出しました。
うろ覚えですが、「小児病棟にいる子供はみんないい子で大人だ。厳しい闘病が彼らに子供でいることを許さない。子供でいることを奪われた子供なんだ」というような…。
ケイトは映画の中で一番大人なんですよね。明るい笑顔が悲しかったです。

また、うまく書けないのですが、物語の主軸の裁判が、過去の回想を交えながら進むのがとても分かりやすい構成でした。
ケイトを中心に家族が想い合いながら、悲しみに向き合う姿が心に沁みこむような映画です。