「書を捨てよ町へ出よう」に投稿された感想・レビュー

ユキユキ
ユキユキの感想・レビュー
2016/11/26
3.2
1970年代の邦画における実験映画ブームは、どの作品も「こんなユーモアのあるもの作っていいんだ!」っていう新鮮味に溢れてて面白い。
エロくてナンセンスでこんなの2時間弱観せられるの勘弁!って人もいるかもしれない。でも最後まで観ちゃうくらい映像、音楽がキレキレ。
嫌いかどうかは別として、こうした映画が街中で観れた時代が羨ましいなぁ…
極々極々
極々極々の感想・レビュー
4日
2.5
お世話になってます!!
牛丼
牛丼の感想・レビュー
2017/03/18
3.6
寺山修司の考えることはよくわからん
佐藤ふみ
佐藤ふみの感想・レビュー
2017/03/17
2.0
一人語りには大いに惹きつけられたが、その後はまったく世界に入れず、最後まで居心地の悪さを感じ続けた。現代映画ばかり観ているからなのか、単純に監督と合わなかったのか。
赤髪の美輪明宏さんはすべらかで魅力的だったように思う。
tale
taleの感想・レビュー
2017/03/14
-
主人公の、21歳の予備校通いもやめた浪人生
という設定に自分と同じ臭いを感じたからという理由だけで観た。
呼びかけのような訛った一人語りから始まる。観る人を煽っているのか自分に言っているのか。なんかよくわからない。聴こえるとこだけ聴けば良いともうだんだん台詞が聞き取れるか聞き取れないかすらどうでも良くなってきた。
画面が黄緑になったり、ピンクになったり、ところどころに狂った映像。前半は思考を放棄しかけていたけど、後半やっと不思議とこれに意味を見出せるようになってきて一応ストーリーと台詞に関連しているんだなと気付いた。一瞬でもじっと座っているこの瞬間が馬鹿らしいと思ってしまったら向こうの思うツボなのかもしれない。般若心経をあんなとこで使うのか‥
嫌なシーンがあるので多分もう観ないけど、何か触発された部分が確かにあったので本の方読んでみるかな。
体育帽
体育帽の感想・レビュー
2017/03/11
-
出だしの名シーンですわ
マツダ
マツダの感想・レビュー
2017/03/11
-
一人語りと美輪明宏が良かった
まつかわだいすけ
まつかわだいすけの感想・レビュー
2017/03/07
2.0
寺山修司はひねくれてるけど、ストレートな表現で、芸術がよく分からない自分も見やすい思ってたんだけどこれは相性が悪かった…
長すぎる、映像のもつ力が飽和していて、しつこいと感じてしまった。
あと、もうちょいうさぎは大事にしてほしい笑
ゆうき
ゆうきの感想・レビュー
2017/03/05
3.0

このレビューはネタバレを含みます

アングラ特有の怪しい雰囲気は田園に死すとかと共通してるけどこっちはロックな感じ。画面がピンクだの緑だのになったり歌がガンガン流れだしたりかなりサイケな部類の映画
ホーリーマウンテンよろしく最初と最後はメタる
抑圧が爆発するとこうなるんかな…とりあえず字幕が欲しいです〜。
>|