白線秘密地帯の作品情報・感想・評価・動画配信

「白線秘密地帯」に投稿された感想・評価

赤線廃止後の闇売春組織モノ。コマ落ち激しいがアマプラで見れるのは有難や。登場人物多くてまとまりないが、三原葉子vs筑紫あけみのキャットファイト、大友純&菅原文太のギャングコンビなど見所多し。残念ながら天知茂は出番少ない。三河島のおばあちゃんが住んでる集合住宅が気になる。女性が運転してくれるドライブクラブというのは実在してたのでしょうか?
空間を斜めに切り取る仰角のカットがクール。競馬場の緊張感やラストのアクションとしか言いようのない乱闘やチェイスもイカしてる。
宇津井健と文太兄ィが若い。
三原葉子さんが若干ぷくぷくしてきた頃ですね。

この何年か後に片手にドンブリ飯、片手にラーメン抱えた演技するとは思わなんだろうなぁ
フィルムセンター所蔵のフィルムで放送。WOWOWのこだわりがあっていいですね。ぶつぎれなんで良くわからないが、これもちょっと「野良犬」のような作品。宇津井健の若かりし頃が観れる。
なんてことはない話しである。いまならば、刑事ドラマの1話でありそうな感じか。しかし、ついのめり込んで観てしまう。展開が上手く、引き込まれてしまうのだ。
問題はフイルムの欠損。15分ほど短くなっている。そのため、飛んでしまっているところが。なんとか見つからないものか!
ほああ

ほああの感想・評価

2.0
なんか変に場面が飛ぶこと多いなと思ったらフィルムの問題らしくて納得
当時はこんな風だったのかと興味深く見れた
菅原文太が銃を使ったあとに、銃口にフッと息かけるの見て笑っちゃった。
あと女衒の三河島の集合住宅に興味あり。
t

tの感想・評価

3.5
売春防止法施行翌年だけあって、洲崎の赤線から上野のトルコ風呂に鞍替え、新種の風俗ドライブクラブなど性産業の過渡期が感じ取れた。
車内で男が紙幣を女に手渡すと同時に服を脱がせるシーン、経済活動の可視化はまるでブレッソンやベッケルのよう。
フィルム欠落につき真意か分からないが、クライマックスでの土砂内での攻防、アングルや編集が攻めている。
天知茂が暴力を振るう直前にレコードをかけ始めるのも良い。
S

Sの感想・評価

3.1
こんな時代もあったんだなあ…

このレビューはネタバレを含みます

「SSS」チケット( *´艸)

ハンカチが手離せない汗かき刑事の宇津井健が、トルコ嬢殺人事件に端を発して広がりを見せた犯罪組織の存在を暴き出して戦う話。

撮影当時の生活様式や文化も興味深かったけど、捜査方法や現場検証が「The昭和」って感じで微笑ましい。鑑識課が採取していないのに遺体や証拠品を素手でベタベタ触っちゃったり、本部への連絡は公衆電話だったりで(・ω・ゞ-☆

歩いて行く犯人の後を宇津井健らが尾行するのだけど。線路上から鉄橋を歩いて渡って行っちゃうんだから驚いちゃう。

天知茂が女性を無理矢理押し倒すシーンや宇津井健と菅原文太の格闘が|д゚)チラッと見える。当たり前だけど三人とも若い。
>|