山田麻里

青い棘の山田麻里のレビュー・感想・評価

青い棘(2004年製作の映画)
3.0
とにかく美しい。
夢の中のような青春時代真っ只中、
というのが映像からばしばしと伝わった。
光と影、特に肌のなまめかしさが印象に残る。

BGMの使い方も視聴者にわかりやすく感情を与えてくれた。
大人がこの作品を観たら『青い』と言うのだろうか?
美少女であるヒロインの美しさは陶器のようなニセモノに感じた。