でーやま

ダイヤルMを廻せ!のでーやまのネタバレレビュー・内容・結末

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)
2.5

このレビューはネタバレを含みます

 正直いうと微妙であった。映画自体の出来はとても良い。犯人目線で描くことで観客が「自分がこの立場だったら…」と考えさせられて、しかもその状況をスムーズに切り抜ける犯人はみていて非常に面白い。しかし、この面白さがこの映画の欠点をも生んでしまっている。

 僕が微妙だと思った点はオチである。トリックなどは納得もできたし、今までどうにかなっていた犯人がついに追い詰められるというのも良かった。ただ犯人の奥さんとその浮気相手に僕は納得がいかないのだ。確かに殺人を計画することは悪いことではあるが、その原因を作ったのはその浮気なのだ。(まぁ、夫は金欲しさに殺人を計画してる部分もあるのだが…)
なのに浮気をしていた本人たちは最終的に夫という邪魔者が消えてハッピーエンドとなってしまっている。夫も計画がバレて捕まるという「罰」を受けたのだから、浮気した彼らだって何らかの「罰」を受けるべきだと僕は思う。しかもこの映画は犯人目線で描かれるので、彼に計画がうまくいって欲しいとも思ってしまうのだ。

 浮気は別に法で裁かれる類の罪ではない。ただ、だからといって浮気はして良いものではないと思う。だからこそ映画では何らかの形で罪を償わせて欲しいのだ。でないと納得ができない‼︎