れのを

ダイヤルMを廻せ!のれのをのネタバレレビュー・内容・結末

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

この作品を見てずっと違和感を感じていたのはグレースケリーの存在。役柄から浮いてはいないだろうか。
とてもじゃないが浮気している奥さんって感じには見えなかった。
むしろ前半の浮気シーンを除けば、非常に甲斐甲斐しい人という印象。
彼女はヒッチコックの好きな清楚系金髪キャスティングの被害者なんじゃないのかな。しかしストーリー自体は非常に良かった。完全犯罪がだんだんと崩れて行き、そして結末へ…。