ダイヤルMを廻せ!の作品情報・感想・評価

「ダイヤルMを廻せ!」に投稿された感想・評価

「観よう観ようと思って
いつの間にか忘れてたシリーズ」のひとつ
これは早く観れば良かった...
かなり面白かった😳

ドキドキワクワクしながら観れた😌
おぉ〜お見事👏ってなりました😳

最後の背中がちょっと悲しかった😭
非の打ちどころ、無
「うまくない説明だね」

緻密な組み立ての倒叙法。本物のミステリー好きにはたまらない作品なのかも知れません。

しかし、いかんせん2時間通してのほぼワンシチュエーション密室劇で、場面の展開力に乏しく、素人の私にはちょっと退屈だったな。ヒッチコック作品で初めてのハズレです。もういっぺん出直します。

「知れば知るほど面白くなる」
アノ

アノの感想・評価

3.0
あんまり覚えてないがそんなに悪くなかった気がする。
ラストの犯人の炙り出し方が好き
Semb

Sembの感想・評価

4.0
アパートが舞台装置として機能している。場所が固定されて動かない代わりに、推理やアリバイの時系列が「行って帰ってくる」映画だ。登場人物が出たり入ったりと演劇的展開が主となる(サスペンスというよりは)コメディだが、カットの切り返しを避け、人物へのカメラのフォーカス、カバンや手袋へのフォーカスがサスペンス性を高め、これは映画だと舞台装置に語らせている。素晴らしい。

802本目。
U

Uの感想・評価

-
2019.11.29 DVD #209
NICE

NICEの感想・評価

4.2
サスペンス好きには本気でオススメしたい作品☎️

頭キレキレの人間達の臨機応変の行動は、見ていて非常に気持ちが良い。

ストーリー内容も、他のヒッチコック映画と比べて家庭的でかなりリアル。
そして漂う緊張感とワクワク感。
伏線の張り方も巧妙。
これこそが、ヒッチコックがサスペンスの神様と言われる所以か🔑

派手さは無く、強い印象を残す映画では無いが、面白かった!

登場人物の誰を応援して良いかわからないという難点もあるが、登場人物達もラストは見苦しくなく爽やかで、その難点も最後には吹き飛んだ🍾
『裏窓』と同じく、ほぼ1シーンのみで展開されるわかりやすさが秀逸。
舞台劇にもできそうなシンプルさと脚本の質の良さがとても好感が持てる。
犯罪が綿密であるが故に『思い込み』と詰めの甘さで罠に陥ってしまう悲しさ。

このレビューはネタバレを含みます

面白かった
キーホルダー大事だなと思った
殺人は駄目だけど不倫も駄目だと実感する映画
>|