僕らはみんな生きているの作品情報・感想・評価

「僕らはみんな生きている」に投稿された感想・評価

バブルの徒花のような映画。東南アジアの某国に渡った日本のビジネスマンが、クーデター騒ぎに巻き込まれ右往左往するコメディ。

邦画には珍しいきわどいテーマ。バブル期だからこそ、こういう難しい題材を茶化すような映画を潤沢な予算で撮れた面もあるだろうし、逆に当時の軽薄な空気感みたいなものも出ちゃっている。

日本は当時バブルの真っ最中。恋人の早見優とエレベーターでいちゃいちゃしていたゼネコンの設計技師(真田広之)は、1週間の出張予定でタルキスタン(架空の国)に降りたつ。

政情不安定な同国では、賄賂や過剰接待が横行しており、真田は支社長(山崎努)や、競合ゼネコン社員(岸部一徳、嶋田久作)に揉まれながらも、なんとかプレゼンを終了するが、しかしそのときクーデターが勃発し...。

ラストの真田広之の長広舌(ゲリラ相手に「メイドインジャパン」と連呼する)に、当時の日本人の勘違いぶりがよく表現されている。
めっちゃいい映画。俺が好きな90-2000年代初期の邦画感満載。
chiebi

chiebiの感想・評価

3.5
バブル時代もビジネスマンは大変だったんだね。
森下

森下の感想・評価

3.5
単純にコメディでは片付けられない、皮肉のこもった作品。
草加せんべいの偉大さを痛感。なるほどせんべいはまず舐めるのか。あのシーンがハイライト。サラリーマンと戦場という組合せが期待通りシュールな笑いを誘う。真面目に姑息にサバイバルするオジさんたちの汗、何故か輝いています。どこにいても変わらぬサラリーマンの生態、日本人の性、バブル時代の色が濃い映画。
徐々にエンジンをかけてく感じとか伊丹十三っぽさがある。山崎努も出てるし。

しかし、三菱、キッコーマン、ソニーと日本の社名を誇らしげに叫ぶシーンは、今みると何とも虚しく響くな・・
Kazuchan

Kazuchanの感想・評価

3.9
コメディ<アツイ映画🎞👍🏻
ryusan

ryusanの感想・評価

1.7
何だかね〜
>|