櫻

ワンダフルライフの櫻のレビュー・感想・評価

ワンダフルライフ(1999年製作の映画)
-
死んでしまったらどこへいくのだろう。幼いころからの永遠の疑問、考えても考えてもわからない。死後の世界について考えられるということは、現在を生きているということだ。生きているうちは"現在"がどんどん更新されていって順番に過去に変わっていくけれど、死をむかえた瞬間にその更新が止まって"過去"だけになる。その"過去"の思い出の中で大切なものをひとつ選べるとしたら、、、はたして幸せに思えるんだろうか。


この日々ってのはドキュメンタリー映画なんだよ、と友人の誰かがいつか言っていた。記憶を思い起こす時はほとんど映像として浮かびあがるから、あながち間違っていないような気がする。死後の世界には、大切で忘れたくない思い出を映像化してくれる施設があるのなら、その思い出が映像作品へと変わるということ。姿は消えてしまうが、作品は残るのだなと考えるとなんだか良いなあ。人生をこんなかたちで締めくくれたら素敵だなあと思う。