JSAの作品情報・感想・評価

「JSA」に投稿された感想・評価

38度線で帽子落とした観光客の場面の俯瞰がいい、国境いうものがあらわれている 韓国と北朝鮮の切り返しでの距離の取り方やパンでの会話場面も、ちょっとユーモアがあって好み
だが、時間の進ませ方の表現が下手ではある 唾飛ばしちゃう汚さも合わなかった
越後

越後の感想・評価

4.0
「兄貴」

38度線、板門店。
南北を分けるその最前線、"Joint Security Area"で起こった事件の真相とはー?

昔親が観てたのを思い出して観てみました。
この頃から韓国映画が日本でもメジャーになり始めたのかな?
今観るとさらにその後の韓流ドラマブームでよく見たイ・ビョンホンにイ・ヨンエが出ててなんだか不思議な気分に。
パク・チャヌク作品は「オールド・ボーイ」が初めてで、これが二作品目の鑑賞です。

なんともシリアスなテーマ。
国が陸続きであること、もとは同じ民族なのに敵対すること…
日本人にはなかなか理解しにくい感覚ですが、その哀しさが伝わる作品でした。
ラストシーンがいたたまれない。

このレビューはネタバレを含みます

国家に属する男たちの夜毎のズル休み。それはもう、とても人間的な軍務違反であり、どんな権力よりも信じられるものだ。

単なる華ではなく、その出自が朝鮮分断史と関わりのあることが判明する超美人捜査官も含め、最終的に起こった問題は登場人物たちが属する「組織」ではなく「個人」に還る。
国家などではなく、全ては己が選んだ結果であることに、哀しさ以上の救いがあった。

いや、もうすごいストーリーテリングで...見終えて、しばし動けない。
一生懸命映画見るきっかけになった映画。韓国語の勉強始めるきっかけでもあった。忘れちゃったけど。
RyoOnishi

RyoOnishiの感想・評価

4.0
これをスポンサー募って高い予算かけて作るの凄くないか。見ながらどう演出するつもりなのかにヒヤヒヤする。
陸続きに国境がない国に生まれたのはある種幸せなんだなと思った。
結果を明確にすることによって誰も救われないこと。人は皆同じなこと。

私はジェットコースターの映像の意味がイマイチわからなかったのだけどあれには何の意味があったんだろ。
デノイ

デノイの感想・評価

3.6
兵士の信念が伝わってきます。韓国映画はあまり見ないですが、これはおもしろい。
shu

shuの感想・評価

4.0
北朝鮮兵士の亡命などで板門店がニュースで流れ、そういえば観てなかったと思い鑑賞。昔に板門店を訪れた時の緊張感を思い出しました。 静かな戦場でした。
ラストが印象的に残る素晴らしい作品でした。
>|