JSAの作品情報・感想・評価

「JSA」に投稿された感想・評価

今月 板門店へ行こうと思っているのでみてみましたが、難しいけどこれはこれで面白い、、かな?
民族分断50年(当時)の歴史と現在は日本人には到底理解できないが、それでも興味を持たせてくれた初めての映画。

イ・ヨンエが美しすぎて美しすぎて美しすぎてる。
こき

こきの感想・評価

4.2
韓国と北朝鮮の軍事境界線で起きた悲劇

どちらの陳述も曖昧で作り話なのにそこに隠された真実が徐々に暴かれてく感じがすごく良かった

ソンガンホとイ・ビョンホンの演技すごすぎて消化できてない
38度線の話だけど、ドロドロしたものはなくだけど苦しくかっこよく上質な映画だと思う
youca

youcaの感想・評価

3.5
シュリの次に観た韓国映画。
とぅん

とぅんの感想・評価

3.5
中学生の時に、父に連れられて観に行った映画。
今思えば、遊ぶことしか頭にない中坊からしたら、かなりオーバースペックな映画だったと思うが、非常に鮮明に覚えている事があった。

北朝鮮と韓国は北緯38度で分かれていること。
この映画は男達の熱すぎる友情を描いていること。
イ・ヨンエの麗しさ。

成人してから改めて観ても、やっぱり男達の友情にグッときた。
ソン・ガンホ兄貴の漢気溢れる描写が最高。

それに、ミステリーとしての見せ方が上手くて、過去と現在を交互に見せたり、生き残った当事者の話の内容に食い違いがあったり、ちゃんと引き込まれる。
最後はなかなか悲しいが、これもまた韓国映画らしくて良い。
すず

すずの感想・評価

4.5
消えた銃弾と、男達の友情の行方は…

地上波で韓国映画やるなんて珍しくないですか?
久々に観たけど、この映画の構成が大好き!
国境警備にあたっていた、北朝鮮と韓国の兵士達。
ある事件がきっかけで、4人は親しくなる。
しかし当時、敵国の兵士と会話しただけで処刑の対象になっていたそうな。
その事実だけで切なくなってしまう。
敵対していても、密かに友情を育む4人。
しかしどれだけ親しくなっても、それは決して許されない事。
北朝鮮の兵士ギョンピルが、南より美味しいお菓子を作るんだ!って言ったシーンがすごく印象に残る。
本当は戦いたくなんかないんだよ、って言ってるみたいで。
消えた銃弾を追う中で、徐々に明らかになる真実。
もうこの辺りから重くて重くて仕方ない。
韓国の兵士スヒョクに殴りかかるギョンピル。
この男が男の中の男すぎる。
一度もつれてしまった糸は、解けるどころかぐちゃぐちゃに絡まってしまって…
あまりにも悲しいラストを迎える。

写真の出し方が素晴らしすぎる。
あのシーンが、この映画の全て。
>|