「JSA」に投稿された感想・評価

karayu

karayuの感想・評価

3.2
鬼才の渋み
シュリとはまた違った切り口の南北朝鮮問題の描き方。最前線に立つ軍人をテーマにしてるのもまた良かった。
Michacha

Michachaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ハナを観ていて、この映画観たことを思い出した。国に翻弄されて人々の気持ちは同じなのに悲劇とはこのこと。
統一されないかね
IQ18

IQ18の感想・評価

3.0
人と人

国とか民族とかそういった型にはまって思想やアイデンティティが規定され、争ったり手を組んだりするわけだけども、
その中でも、人と人との対面・対決があって、時にはその規定を超える関係性が生まれる。
結局、ミクロな人と人とのつながりが存在し、それを縛ることはできない(いや縛ってはいけない)のだと感じた。

まぁそんな固い話しは置いておいて、彼らの友情をはぐぐむ姿は見ていて気持ちのいいものでした。
ヒューマンドラマとして楽しめる作品です。


イビョンホンは、かっこつけたすました役柄しか見たことなかっくて、ういういしい感じが新鮮でした笑
キヨシ

キヨシの感想・評価

4.3
ソンガンホの画面の中での統率力がすごい
羊たちの沈黙のアンソニーホプキンスの存在感のすごさと同じのを感じた( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
keroline

kerolineの感想・評価

3.0
一時期この手の映画が日本でも流行っていた。
兵士の一人が作中で”金日成マンセー!”と叫ぶシーンがある。
このシーンが地上波の宣伝番組で流れていた事に大変驚いた記憶がある。

一歩間違っていれば、この映画の舞台は日本になっていたのかもしれない。
そう思いながら観ると複雑な気持ちになる。
観るものは事件を突然見せられ、映画は全編その真相解明ということになる。世界唯一の分断国家である南北朝鮮の向かい合う地(Joint Security Area)で育まれた、国家に引き裂かれた民族の友情が事件の解明を目指す国連派遣のイ・ヨンエによってかえって無茶苦茶になる様は、当事者以外が介入し失敗するという北朝鮮外交の失敗の本質をついている。
Yoshi

Yoshiの感想・評価

-
2019/03/13 WOWOW
>|