べえさあ

ユージュアル・サスペクツのべえさあのレビュー・感想・評価

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)
4.0
‪ ‪”One cannot be betrayed if one has no people.”
「縁が浅けりゃ、裏切りもない」

ある麻薬密輸船の爆破事件について、捜査員のクイヤンが、首謀者である5人の犯罪集団の1人で事件の唯一の生き残りであるキントから情報を聞き出そうとするが、話に何度も出てくる存在するのかもわからない「カイザー・ソゼ」というギャングに惑わされることになる。

人は不安や恐怖によって作られた幻想に囚われた時、現実を生きれなくなる。冷静になればシンプルであったはずの問題も、固執した概念に引っ張られ複雑化してしまう。

どんでん返し系クライム・サスペンス映画の代名詞!アカデミー賞脚本賞を受賞したのも納得の計算尽くされた演出と展開で、テンポよく話が進んでいき、最後にはどんでん返しが待っています。私の予想は半分当たり半分外れました、、!

鑑賞中はカイザーソゼという存在へのもやもやが頭から離れません笑 そうさせる工夫が1つ1つのシーンや台詞になされています。思わずもう一度観たくなってしまう映画です!