singer

ユージュアル・サスペクツのsingerのレビュー・感想・評価

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)
-
珠玉のクライム・サスペンスですね。
公開当時から、とても評判が良かったし、
自分も初めて観た時は、その結末が衝撃的で、
そのまま5回位は、公開後の1年で観たと思います。

で、今回、また数年ぶりに見返したけど、
やっぱり凄く見応えのある作品だなぁとつくづく実感しましたね。
とてもとても、面白かったです。

この作品の最大の見所は、その衝撃の結末と言われていて、
それはそれで、その通りだなぁと思うんですが、
結末を知っていても、何度も何度も見返したくなる。
その結末よりも、
そこに至る導線の引き方が本当に素晴らしいんですよね。
つまりは、脚本の出来が良いってことで、
同年のアカデミー賞の脚本賞に輝いたのは、納得でした。

なので、ストーリーの展開は、本当に見事です。
でも、それ以上はあまり語らず、
これから観る方の楽しみを奪わないようにしたいので、
物語の真相については、観てのお楽しみということで。

ちなみに、監督のブライアン・シンガーは、
昨年「ボヘミアン・ラプソディ」で、話題になりましたね。
この作品とは、随分とテイストが違いますが、
監督繋がりで、この作品も再度、注目を集めるといいなぁ。

後、意外に結構、吹替版の出来が良いです。
自分は初回から暫くは字幕で鑑賞しましたが、吹替を観て以降は、
繰り返し観るのは吹替版の方ですね。