ユージュアル・サスペクツの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

ユージュアル・サスペクツ1995年製作の映画)

THE USUAL SUSPECTS

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

「ユージュアル・サスペクツ」に投稿された感想・評価

M

Mの感想・評価

4.5
DVD所有
いま

いまの感想・評価

3.8
洒落てんのよ〜
アキラ

アキラの感想・評価

3.8
これぞ映画の醍醐味
銃を積んだトラック強奪事件の犯人とでっち上げで逮捕された5人の男たちだが…

改めて見たけど面白いけど目を話すと分からなくなっちゃう
一回見た後に、おいおいおい!!となる映画。二回同じ映画を見るのは苦痛という人に是非オススメしたい。
多分見終わる頃には、もう一度見ようという気持ちが生まれているはず。
当時映画界に衝撃を与えたはず
NHm

NHmの感想・評価

4.0
みんなでだまされよう。
え?そうなの?
Tatsuki

Tatsukiの感想・評価

4.4
マグカップが割れてから
この映画と「ショーシャンクの空に」がきっかけで映画を好きになったのだが、久しぶりにあの頃の気分に戻れるかと思って観たが、昔住んでいた街がガラッとその景色を変えてしまっているように、少し残念な気持ちをこの映画からも感じてしまった。思ってたよりこぢんまりした街だったみたいな。自分の中で勝手に美化してハードルを上げてしまっていたのだろうか。どんでん返しが最大の売りの作品は2回目以降に本当にその真価を問われることになる。どんでんを知った上で観られるに値するか。その整合性と完成度の高さを問われる事になる。その意味でこの映画は詐欺師のケビン・スペイシーがホラ話をでっち上げただけに過ぎず(だがケビン・スペイシーはやはり素晴らしい)そもそも整合性などそこにはない。愚鈍なラテンの刑事がまんまとしてやられた話に過ぎず、客はそこまでバカではない。という理由でこの映画をそこそこの出来だったと言えばいささか厳し過ぎるのだろうか。おそらくそうなのだろう、この頃1995年にやはり必要な、作られるべき映画だったのだろう。若きベネチオ・デル・トロが出ているし。昨年の大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディー」を途中まで作った監督とは知らなかったが、ブライアン・シンガーは覚えておくべき監督なんだろう(途中までとはいえ)これからの作品も注目してみたい。