ユージュアル・サスペクツの作品情報・感想・評価・動画配信

ユージュアル・サスペクツ1995年製作の映画)

The Usual Suspects

上映日:1996年04月13日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

「ユージュアル・サスペクツ」に投稿された感想・評価

⚪概要とあらすじ
どんでん返しのクライマックスへ観客を導くクライム・サスペンス映画。

船舶の炎上事故を調べていた捜査官クラインは尋問していたヴァーバルから奇妙な話を聞かされる。6週間前に銃器強奪事件の容疑者として集められた5人が、釈放後、協力して宝石強奪を決行。ブツをさばくためにLAの故買屋と接触した5人は、そこで新たなヤマを依頼されるが、宝石と聞かされていた獲物は麻薬で、トラブルから相手を射殺してしまう。そして恐慌状態の彼らの前に、伝説のギャング“カイザー・ソゼ”の右腕と名乗る弁護士が現れたというのだ...。

⚪セリフ
''カイザーソゼ''

⚪感想
映画を好きになってから沢山の映画を観てきた中で一番衝撃を受けた作品な気がする。
とにかく面白くて最高以外に言葉が見つからないし、この映画を観る時はネタバレとかあらすじとか見ずにとにかく観て欲しいと思う。

映画の始まりの数分で魅了されて、テンポの良さと、最後の盛り上げが上手くて今まで観た映画の中一番最高。
しかも途中で犯人がなんとなく分かってしまっても、楽しめるし面白いっていうのが本当凄い。でも、きっと騙されると思う。笑
辻褄の合うどんでん返しほど面白いものは無いし、最後の最後まで楽しめてしまう最高の映画。

観たあと伏線がどこにあったか気になって二回観てしまった。
この短い時間の中で、こんな綺麗にまとめる技術と才能よ。

「カイザー・ソゼ」が頭から離れない。

俳優たちのアドリブ演技の所を知るとさらに面白い。
ベネチオ・デル・トロとケヴィン・スペイシーが好き。

最高の映画。



⚪以下ネタバレ



この映画の面白さは、結局ケビン・スペイシーが犯人だけど、あそこで話した内容はその場にあったもので好き勝手に作った話だというオチと引きずっていた足が嘘だったというダブルパンチ。

⚪鑑賞
TSUTAYAのDVDで鑑賞(吹き替え)。
序盤は、退屈にすら感じる。最後まで見たらさすが名作といわれる作品。そして、もう一度見返してみたくなる作品だ。
頭痛

頭痛の感想・評価

4.4
もう一回見た。
2週目だと細かい表情の変化とか視線の先、何となしに話してるように聞こえる言葉が意味を持ちはじめて、ホント恐ろしいほど良くできた映画だなと思う。
これは脚本的に矛盾してるんじゃないか?って思う事すら最終的に全部カイザーソゼに騙されてたことに気づく。こわ。
はち

はちの感想・評価

5.0
病みつき
あちり

あちりの感想・評価

4.2
マフィアサスペンスミステリー映画

容疑をかけられた5人 の男に指示を出す謎の男ソゼとは一体誰なのか。

サスペンスはあんまり見ないが、後半の盛り上がりでラストはかなり面白かった。
序盤は少し長く感じるが、
結末でなるほど、なるほど
と言った感じ(それがサスペンスの醍醐味)。
あお

あおの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

疑ってても騙されるものだなー。
キートンかキントどっちだ?あ、キートンか。えっ、キントか!って言う。
ドンパチする様ななはあんまり好きなジャンルではなかったけど(というか苦手なジャンル)黒幕探しが面白かったのでちょっと評価上げました。
eri

eriの感想・評価

4.2
かなり好き
これぞ伏線回収!
>|