deenity

コララインとボタンの魔女のdeenityのレビュー・感想・評価

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)
3.5
最近『パラノーマン』を見てからストップモーションに興味が出てこの作品に行き着いた次第です。できれば『クボ』も見に行きたいんだけど、タイミングがなかなかなさそう。

ストップモーションの映像は本当に素晴らしいです。独特の手作り感も好きですが、それでいて生き生きして見えるのが味があっていいんですよね。上映時間は約100分。ただ、そのために費やした期間は1年半。本当に血の滲むような努力に頭が下がります。

やっぱり登場するキャラクターはどれも個性があっていいんですね。主人公のコララインを始め、数人の登場人物や猫、虫やネズミなんかも含め、一つ一つの小さな動きが魅力的なんです。
もちろん作られてるのはキャラクターだけじゃなく家や街の雰囲気なんかも引っくるめて一つの作品なわけで、個人的に好きなのは最後の街が消えていく演出の仕方。緻密な作業によって見せられるそれは想像以上にスペクタクルなシーンに写っていて素晴らしかったです。
それも含め、作品全体に生命感が宿ってるように感じました。動かされてる。作られている。それはそうかもしれないけれど、それでも生きているように思えてしまうのはストップモーションならではです。

手作りの演出は一コマ一コマ動かす技術だけにとどまらず、今作で言えばボタンは一つの鍵ですね。
ボタンで作られた目っていうのは昔から何かしらのぬいぐるみとかにあったとは思いますが、よくよく動かしてみると可愛らしくもある反面、表情のなさが不気味でもある。現実世界で付与されたどんな目つきよりも際立って表情をうかがえないのはその世界の味気のなさを引き立てています。

内容は結構ホラーというダークファンタジーという感じです。不気味さのある『不思議の国のアリス』みたいな感じですかね。
ただ、テーマとなっているのは子ども時代に誰もが抱くような自分のことをかまってもらえないという欲求不満で、コララインに共感できる人も多いはず。ちょっと反抗的過ぎてわがままだからイライラするかもしれないけれど、子どもはもちろん大人でも楽しめる教訓的な作品です。
内容にもうちょい引き込むだけの力があると良かったかなって思うのが残念なところ。