ダース米田

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説のダース米田のレビュー・感想・評価

3.6
インディ・ジョーンズシリーズ第2作目。
1935年のインドを舞台に、邪教崇拝の集団に拐われた子供達を救い出すため、インディが立ち向かう!!

今回のインディは宝探しというより、村を苦しめる悪者と戦うという、まるでRPGの一クエストみたいな話となっています。
前作同様の手に汗握るアドベンチャー要素に加えて、今回はインディとショーティの年の差を越えた友情も見所。
反対にヒロインのウィリーは、ことあるごとに金切り声上げててちょっと不快(^^;

目玉スープやら無数の虫やら心臓掴み取りやらと、前作以上にトラウマ級映像がてんこ盛り(笑)
序盤に出てきた悪徳商人や、ラストの警備隊(?)に関しては劇中で全く説明がないので、映画としては結構粗が目立つ面もあります(--;)
まあハッキリ言ってリアリティはかなり希薄であり、荒唐無稽具合はシリーズ一番かもしれない。

ただ、このシリーズは元々「ワクワクドキドキの冒険活劇」であって、それ以上でもそれ以下でもない。
そのスタンスで作られてるとすれば、本作は実に直球な作品です。