ワンダフルライフの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「ワンダフルライフ」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

たとえそうでないように思えても、自分の人生も誰かの幸せに携わっている。

後半、一気に感情が押し寄せてきた。
ブックエンド方式が、映画の終わりに微笑ましさを添えてくれていた。
あの、桜のおばあちゃんが大好きだった。
haru

haruの感想・評価

3.5
はじまりから世界観が掴めず入り込めなかった。。。
普通の映画だったらモブキャラにされて終わりであろう平凡な人物がひとりひとりちゃんと描かれているのが良かったね
どこを切り取っても美しいな〜
私にもたくさん素敵な思い出があるけれどたったひとつ持って行きたい濃くて深い大切な思い出、景色って選ぶとなると難しいな、全部を持ったまま井浦さんのように映像作る人になりたい
死後の世界って本当にどうなってるんだろうね!
映画全体としては不完全で、未熟な俳優陣も気になるが、ドキュメントである数人のカットが際立ってとても良かった。敢えてどの人物がリアリズムなのかを分かりやすく撮っているのではないかと思うほどに若い役者が酷いが、それをもってしても良さを語らずにいられないほど描写が美しく、これを観ないのはもったいなく感じる。良作ではないが、忘れられない一作。
この世からあの世に行く人々が、みずからのもっとも幸せな時間を選び出して語る。
自分ならなにを語るのだろうと置き換えて考えたときに、その行為の持つ重さにハッとさせられる。
そして、記憶のもつあやふやな虚構の部分についても、また。

きわめてドキュメンタリー的な部分と、きわめてフィクション的な部分とがあり(それは非職業俳優とプロの俳優との本質的な演技の違いも)、その落差を虚実交わる面白さととるか、残念な違和感ととるかで評価はわかれるだろう。

映画制作そのものをメタな視点から見た作品とも言える。

このレビューはネタバレを含みます

ファンタジーなのにドキュメンタリー、ドキュメンタリーなのにファンタジー。なんだこの映画は。
人生で1番残したいシーンはなにか、考えずにはいられない。
長回しでそれぞれのエピソード撮って編集すりゃそりゃまあ面白いやろとずるさを感じた一方で、その個々のエピソードのカットで使われていた真正面から机が入るくらいのサイズ感のショットが井浦新に向けられた時、ここから井浦新へのインタビューが始まることを予期させる。うー、痺れた。
好きだったなあ。やりたいことやってるってそういうことね。
okapy

okapyの感想・評価

3.8
こんなん設定がよすぎるやん。奇抜な設定でも自然な演出でスッと内容が入ってくる。やっぱり是枝。
映画が好きな人が考えたシナリオっぽくて良かった。劇伴もあまりなくてよかった。
伊勢谷友介が演技してないだろって感じで良かった
umi

umiの感想・評価

4.0

長く感じるし是枝映画にしてはクサいし、私はあまりハマらなかった。結構な人数で観たんだけどみんな途中からダルくなってしまって、その空気が蔓延してしまったせいもあるかも。一人でひっそり観るのがオススメかもしれない。

でも自分が思い出を一つ選ぶならいつだろうと考えて、思い出す場面がみんな8歳より下くらいで、自分はそれ以降そんなに無駄な生き方して来たんだろうかと不安になった。今も候補に入るくらいの日々にしたい…