ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの作品情報・感想・評価

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」に投稿された感想・評価

ーNY市には昔、6つめの行政区があったらしいーとパパはいう。その第6区を見つける為に、パパは僕に“調査探検”を依頼した。僕は最高にワクワクしたよ。パパは僕が調査で人と話せる様に、僕の名刺を刷ってくれた。(人と話すことが苦手だとパパは知っていたからね)

パパはいつも僕の質問に答えてくれないんだ。ヒントを求めても、肩をすくめ首をひねってみせる。「さあね?」て感じで。(僕はその仕草が大好きなんだ…)

ある時「僕の考えの方向はあってるかな?」って聞いてみた。すると「間違ってるかな?と思うことでも、別の角度から見てみると、間違っちゃいないのさっ」なぁんて言う


ある晩、パパとママがこんな話をしていた。
ママ「あの子は毎日なにをしているの?」
パパ「なにをしているかだって?…見つけたら、自分で言うさ。あの子は公園を歩き回り、人に会うたび話をするんだ。最高の探検隊だよ!」
ママ「まだ10歳よ」
パパ「簡単じゃ意味が無い。楽をして大人になったら、どうなる?」
ママ「(笑)責任重大ね…」


ある日なんか、パパは、第6区の実在を示すヒントが公園のブランコにあるって言うんだ!ホントかな?



9.11ーアメリカ同時多発テローでパパを喪ったオスカーのお話


なんとも
こんなに色々考えた映画は初めてで

こんなにも映画的アプローチをしない映画も初めてで

鍵となる部分が鍵とならないのも初めてで

心がぐちゃぐちゃになったけど


でも、オスカーが

ある時は内からの激しい感情のままに、ある時は痛々しいまでに身を削りながら、それでも自分の中に自分の実在を見つけていく…

そんな様を、見つめる事ができて


私はこの映画に感謝しか無いのでした。


もし良かったら皆さんも、心の準備が整った時にぜひご覧ください。
うめ

うめの感想・評価

4.0
トムハンクス、サンドラブロックに劣らない子役の演技が光る✨

内容も凄くいい!
3.11の辛さを乗り越えて深〜い愛が見られた。
いの

いのの感想・評価

5.0

探すのがやめない
maiko

maikoの感想・評価

4.0
【今後の人生であと3回くらいは観たい映画】


9.11のことをあまり知らない世代だからこそ、感じることが沢山あった。
you

youの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公のオスカーがとにかくカワイイ♡
9.11は過去の話…ただそれではなく、
遺された遺族は今も突然訪れた喪失感と戦っているのかも知れない。

"何もしないよりは失望した方がいい"

心に刺さりました。
失望してしまう未来が見えてしまったら、なかなかトライできないです…
ひたむきに前に進んでいくオスカーに、胸を熱くさせられました。
Yuri

Yuriの感想・評価

4.0
お母さんと息子に感情移入して泣いてしまった、、、
映画館で観たけど途中トラブルのせいで中座したせいか話のポイントがつかめなかった。これはちゃんと見直すべきですね…
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」というタイトルはなにを意味してるか。これがこの映画を見終わった人たちの中で最も語られる事のようだ。母を意味するのか、父を煙たがっていたのではなど。だけど、自分には疑いようがなく「これでしょ」というのがあったので賛否両論ある事に逆におどろいた。

劇中、主人公が探査の内容をまとめたノートの表紙にこの言葉が一度だけ出てくる。
この探査の総論として「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」というまとめをしたという事。
そもそも主人公はアスペルガー症候群である。アスペルガーの人は、音の距離感がつかめない事がよく知られている。目の前の人が話していると、その後ろの人に声をかけられても耳に入らないなど。または、周囲のすべての音が耳元でなっているような感覚。つまり「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のだ。

実際に、探査の中で主人公は辛い場所を通る時は必ずタンバリンを耳元で鳴らす。さらには電車の近く鉄橋を渡るときもパニックになりそうになるし、地下鉄もものすごく怖がっている。

彼からするとこの旅の一言で言うなら「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」旅だったと。ただ、それだけのこと。
Maple

Mapleの感想・評価

4.5
数年ぶり二度目の鑑賞ですが、少年の演技に惹き込まれ、泣いてしまいました。青い瞳がすごく綺麗ですね!最後の留守電のとこは、オスカーと一緒に崩れ堕ちるくらいに、衝撃的でした。
>|