ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの作品情報・感想・評価

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」に投稿された感想・評価

ーNY市には昔、6つめの行政区があったらしいーとパパはいう。その第6区を見つける為に、パパは僕に“調査探検”を依頼した。僕は最高にワクワクしたよ。パパは僕が調査で人と話せる様に、僕の名刺を刷ってくれた。(人と話すことが苦手だとパパは知っていたからね)

パパはいつも僕の質問に答えてくれないんだ。ヒントを求めても、肩をすくめ首をひねってみせる。「さあね?」て感じで。(僕はその仕草が大好きなんだ…)

ある時「僕の考えの方向はあってるかな?」って聞いてみた。すると「間違ってるかな?と思うことでも、別の角度から見てみると、間違っちゃいないのさっ」なぁんて言う


ある晩、パパとママがこんな話をしていた。
ママ「あの子は毎日なにをしているの?」
パパ「なにをしているかだって?…見つけたら、自分で言うさ。あの子は公園を歩き回り、人に会うたび話をするんだ。最高の探検隊だよ!」
ママ「まだ10歳よ」
パパ「簡単じゃ意味が無い。楽をして大人になったら、どうなる?」
ママ「(笑)責任重大ね…」


ある日なんか、パパは、第6区の実在を示すヒントが公園のブランコにあるって言うんだ!ホントかな?



9.11ーアメリカ同時多発テローでパパを喪ったオスカーのお話


なんとも
こんなに色々考えた映画は初めてで

こんなにも映画的アプローチをしない映画も初めてで

鍵となる部分が鍵とならないのも初めてで

心がぐちゃぐちゃになったけど


でも、オスカーが

ある時は内からの激しい感情のままに、ある時は痛々しいまでに身を削りながら、それでも自分の中に自分の実在を見つけていく…

そんな様を、見つめる事ができて


私はこの映画に感謝しか無いのでした。


もし良かったら皆さんも、心の準備が整った時にぜひご覧ください。
なかなか色々考えさせられる映画だった。
ちあき

ちあきの感想・評価

4.0
よかったー!また見てみたい
い

いの感想・評価

-
良い作品だな、とは思ったけど期待以上の何かは得られなかった…。みんなつらい、つらい子供が癇癪おこしてつらい大人に当たってて、そこがウーってなった
ゆき

ゆきの感想・評価

4.0
大学受験終わりに初めて一人で映画館で観た映画。

9.11から少し経った頃の家族のお話。
主人公オスカーが大好きなお父さんとのつながりを求めていろんなことを乗り越えていく姿と、それを見守るお母さん、おばあちゃん、そして間借り人の優しさが素敵。

9.11の日のシーンはとても苦しくなったけど、観終わったらあたたかな気持ちになれた。今日隣にいる人が明日も一緒とは限らないってことを忘れずに、大切な人とのつながりを大事にしたいと思った。
雪零

雪零の感想・評価

4.5
2016-2017、ロシアのスケート女王エフゲニア・メドベージェワのFSで使われてるので知りました。まさかアメリカのあの事件が関係してる映画とは思っていなくて少し驚きました。物語を見るにつれて様々な人が隠していた〝ウソ〟が明らかになっていき傷ついた人たちの〝8分間〟が交錯しているようでした。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い。まさにその通りの映画でした。
9.11で父を亡くした家族の話。

話の構成好きだった
なんかしっくりこなかった、冷めすぎてるんですかね
最後は良かった
パケほ

パケほの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

観ているあいだ涙が止まらなかった。

テロによって傷ついた人。
トラウマは時間が解決する訳では無い。
オスカーはずっと自分と戦い続けていたのかなーと思うと辛すぎる。
あの事故でどれだけの人が傷ついたのか。
経験した事がないから分からない。想像出来ない。

電話の録音内容が増えていく度にオスカーの苦しみが伝わってくる。電話やテレビ、悲鳴、サイレンなどの様々な音がする。
彼にとってはトラウマ。
時間は進んでいくが、父親はずっとそこに居る。
父親を思うほど、トラウマは消えない。
うるさくて、近いとはこの事かな??

演技がすごいですね。オスカーも子役とは思えない。
オスカーの叫びや話す内容を聞くたびに辛くなった。

セリフは嘘つき。
家族愛やテロについて、子供だからこそのストレスなど表現されている作品です。
結果ではなく、どのように乗り越えていくかの過程を考えることが大切ですね。
周囲の対応も素晴らしい。
ブランコも大きな勇気。
>|