ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの作品情報・感想・評価・動画配信

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い2011年製作の映画)

Extremely Loud & Incredibly Close

上映日:2012年02月18日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」に投稿された感想・評価

通行人A

通行人Aの感想・評価

4.0
辛くて苦しい。この子供は好き嫌い分かれるだろうけどそんな演技ができることがすごい。

お母さんのシーンはどのシーンも胸が痛かったいい意味でも悪い意味でも。

お母さんも子供もおじいちゃんもおばあちゃんも辛い気持ちを受け入れて、克服して、強い人間だなあ。
ORODIM

ORODIMの感想・評価

5.0
アマプラ。前から気になっててやっと見。こんな映画どんな脳みそしてたら思い付くのか。もんくなしの釘付けにされた。えぐる、って言葉が浮かんできすぎる、この内容。つらい。人間そんなに自分の身に起こったことを咀嚼してえぐり散らかさなきゃならないのか?曖昧にして時のや人の流れにまかしても、そこにもまたひとつの答えがある、時間がそうしてくれたり、するのでは?と思いたくなる。その方法で世界が今までまあまあうまくいっていたとすれば、オスカーはその真逆か滅茶苦茶をつっきってる感じ。でも、その方法とやる人間が、定めにしたがって一致したとき、それにはちゃんと答が用意されていて、それこそはオスカーだけの特別な答えなんだろうと思う。尊い。題材が911なので、センシティブを扱うにはオスカーのアスペルガーの特性もあわせて、ほんとうに気を使ったりうまくやらないと歴史に残る駄作にもなり得たろうけど、凄くうまくいってる。大変いいものを見たと思う。
雪

雪の感想・評価

4.5
合う合わないが別れそうな映画。個人的には凄い合った。
「結果よりも過程が大事」という言葉があるがこの映画はその過程に重きを置いているのだろう。だから人によってはその結果に納得できず、合わないと感じてしまうのだろう。
たしかに結果は、ハッピーとはいかなかったが、少年の葛藤や辛さがひしひしと伝わる物凄く良い映画だった。
「手を差しのばさない、見守る愛」これもまた、この映画の魅力の一つ。
とりあえず、出てくる人みんな良い人。
魅力に溢れてる映画だった。
こつ

こつの感想・評価

3.5
子供が一生懸命強がってがむしゃらに頑張ってるけど悲しい話やった😢
母は強しっていうけどこういうことなんかな、、
みき

みきの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

辛い、ものすごく辛いんだけど!!と終盤まで映画に憤りを感じるほど辛かった。しかも最後まで、この映画の辛さが報われることが想像できなかった。
希望を託された鍵の正体が明かされると、なおさら…
絶対に理由は分からないままだし、電話に出なかったことを後悔し続ける。
きっと8分は終わっていく、それでいい。もう温かくなくても、温かい思い出は残る。思い出は今を構成してる。

お母さん、そりゃ心配だよね。本当に、見守り方が素敵な両親だと思う。
Yuma

Yumaの感想・評価

3.6
お母さんの愛に感動。
Kagotani

Kagotaniの感想・評価

3.7
お母さんの愛に泣いてしまった。
子供が頭いいくせに生意気で口が悪くて不安定なのも、リアルなのかなって。
さいと

さいとの感想・評価

3.3
個人的にはあまり好きじゃないかも
期待値上げすぎた…
s

sの感想・評価

3.8
正直、子どもの生意気な口調に段々イラッとしたけどストーリーはまあまあ良かったと思う。
お母さんの"子どものすることは何でもお見通し"流石だな。
>|