ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの作品情報・感想・評価

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

4.0
当時は劇場で見た作品ですが、その時はまだあまり内容が理解できず、改めて再鑑賞しました。
以前は生意気な子だと思っていましたが、よくよく見直すとこのオスカーくんはアスペルガーなんですね。その時点で全然印象が変わります。

いつも遊んでくれて一番の理解者である父親の死。9.11の犠牲者となってしまい、それ以降心を閉ざすオスカー。しかし、父からの謎の鍵を発見し、その鍵穴を求めて調査活動を始める。ヒントはブラックという名前のみ。
オスカーくんはアスペルガーなので知的障害はなくてもいろんなことが気になってしょうがない。人とのコミュニケーションも苦手。街の喧騒も大きすぎてまとわりついて、そして父親の死後、9.11以降はそれが尚顕著で。そんな少年が一人、ブラックという名の人を片っ端から声をかけていくこの執念がすごい。当初はそんな姿を図々しく思ってた気がする。今はその子の個性だし、すごい挑戦だと思う。ただ母親の思いを考えると気が気じゃないだろうな。

母親は理解してくれないとわめき散らしたが、友達ができる。間借り人のおじいちゃんだ。この人の演技もまた素晴らしい。トラウマから話すことができなくなってしまったが、語らずともあれだけ表情で表現するのは見事。オスカーにとっても大きな存在だった。

しかし、そんな間借り人とも衝突。大人はその無謀で、期待しているような現実がある表れない挑戦を続けて傷つくオスカーを見てられないのだ。
でもオスカーはそんなこと理解できないし、父親との約束で、思いを汲み取るためにも探求心を燃やし続ける。
それを最後まで見送ったのが母親だ。アスペの少年が一人で知らない社会と関わっていくことがどれだけ心配だったことだろう。少し現実味がない行動かもしれない。しかし、それほどまでの母親の愛の偉大さを感じる瞬間でもある。

きっと彼にとって周りの騒音も、電車やブランコの音も、周囲の人たちも、母親の心配も、間借り人の心遣いも、全部うるさくてたまらないものに囲まれていたのだろう。しかし、そんなうるさいものの中にも自分の味方はいる。ありえないほど見守ってくれる誰かがいる。そういうことに気づけた少年の成長譚だとわかった時、初めて本作の素晴らしさに気づけた気がする。もっと言えばそういう挑戦をさせ続けた父親の教えも欠かせない素晴らしいポイントだ。タイトルも見事。周りの人たちの温かさもすごく良かった。
そんな人たちへのお礼の手紙を書くのも素敵だった。「つらかったけど、やらないよりはいい。」と気づけただけでも大きな成長だ。若干スローテンポではあるが、温かさのつまった作品だった。
Yuri

Yuriの感想・評価

4.0
お母さんと息子に感情移入して泣いてしまった、、、
映画館で観たけど途中トラブルのせいで中座したせいか話のポイントがつかめなかった。これはちゃんと見直すべきですね…
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」というタイトルはなにを意味してるか。これがこの映画を見終わった人たちの中で最も語られる事のようだ。母を意味するのか、父を煙たがっていたのではなど。だけど、自分には疑いようがなく「これでしょ」というのがあったので賛否両論ある事に逆におどろいた。

劇中、主人公が探査の内容をまとめたノートの表紙にこの言葉が一度だけ出てくる。
この探査の総論として「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」というまとめをしたという事。
そもそも主人公はアスペルガー症候群である。アスペルガーの人は、音の距離感がつかめない事がよく知られている。目の前の人が話していると、その後ろの人に声をかけられても耳に入らないなど。または、周囲のすべての音が耳元でなっているような感覚。つまり「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のだ。

実際に、探査の中で主人公は辛い場所を通る時は必ずタンバリンを耳元で鳴らす。さらには電車の近く鉄橋を渡るときもパニックになりそうになるし、地下鉄もものすごく怖がっている。

彼からするとこの旅の一言で言うなら「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」旅だったと。ただ、それだけのこと。
Maple

Mapleの感想・評価

4.5
数年ぶり二度目の鑑賞ですが、少年の演技に惹き込まれ、泣いてしまいました。青い瞳がすごく綺麗ですね!最後の留守電のとこは、オスカーと一緒に崩れ堕ちるくらいに、衝撃的でした。
9.11で父親を亡くした息子が、手がかりを探っていくお話。
息子の勇姿に涙がこぼれる。
回想シーンちょいちょい挟んでくるのずるいわ。
こんなに誰かの為に動けるって、ある意味幸せなことだなーと実感出来た映画だった。
achako

achakoの感想・評価

5.0
こんな映画があったのさえ知らなかった

他国の出来事ではあるが、9.11の悲劇は歴史に残る最悪の1日だった事を…

今作は残された家族の心情を描いている

大好きだった父が亡くなる瞬間を目の当たりにした子供が、一つの鍵の秘密を探るためブラックと名のつく人を訪ねていく

途中からは祖父も加わり、孫を見守るのだが、鍵の秘密が分かった時には子供も両親の愛情を存分に感じた事だろう

父が亡くなる直前に留守番電話にメッセージを残していたシーンが頭から離れなくて、切なくて泣けた
RYUYA

RYUYAの感想・評価

3.5
ものすごくうるさくてありえないほど近いものって、酒に酔った女くらいしか思い浮かばなかったけど、まぁそんなことじゃないっすよね。

主人公の男の子がちょうどよくムカつく。
酒に酔った女ぐらいムカつくのだが、その勇姿に心は動く。
その感動のさせ方が、アメリカ的な部分とはちょっと違うところにあるような気がして、とってもよかった。要は、複雑だったから。
情報量は多いけど、ちゃんと聞いたら報われますね。いい映画。

喋らないマックスフォンシドーがむっちゃ素晴らしかった。

でもまぁ、酒に酔った女って、結局好きなんだけどね。
>|