ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの作品情報・感想・評価・動画配信

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い2011年製作の映画)

Extremely Loud & Incredibly Close

上映日:2012年02月18日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」に投稿された感想・評価

Meg77

Meg77の感想・評価

5.0
私にとって最高の映画。
色々な感情がぶつかってきて、見ている側も苦しくなる。それでもラストの一歩進むシーンが好きで何度も見てしまう。
ロビン

ロビンの感想・評価

3.7
主人公のオスカー役のトーマス・ホーンの怪演が凄い!
少し間違えれば観ている側がストレスを感じてしまうような役柄を、感情移入できるような説得力をもたせたのが素晴らしいなと。
そしてオスカーのアスペルガー症候群という役柄により、爆発した時にものすごい量の台詞を吐き出すシーンが何度かある。
まるでマシンガンのように。
そのシーンが出来ちゃうトーマス・ホーンがある意味恐ろしい。。
ジェシー・アイゼンバーグみたいだ!

途中からの間借り人の喋れない老人との行動は、なんとなく微笑ましくて好きなシーン。

ラストただ見守っていただけではなかった母親の愛情の大きさとその強さ、息子を思っての行動に涙腺が崩壊した。。。

オスカーに優しいコンシェルジュ良い人!


【ネタバレ】
  ↓



エンディングでオスカーが訪問したそれぞれのブラックさんに手紙を書いて、それぞれの家庭で感動したり泣きながら読んでいる姿にも目頭が熱くなった。。

実は祖父だった間借り人が祖母の所に戻ってきた時、部屋に戻るのOKのサインが荷物を廊下に置いたのオシャレ!
ももや

ももやの感想・評価

4.0
911を題材にした家族愛、少年のやり場の無い気持ちを描いた映画。
途中胸がいっぱいになって何度か号泣した。ニュースの出来事だったが、当事者の家族はどうだっただろうか。

子役のトーマスホーンがうまい。
ゆか

ゆかの感想・評価

5.0
どうなるのかはわからなかった
胃は痛いし泣きそうだったけど
僕は心に決めてた
誰が止めてもやりぬくって
自分自身が止めても

理屈じゃどうにもならないの

私の話は私のもの

YES NO
答えたくないこともたくさんある

愛してる、とてもいい子なんだ

帰ってきて
hedgehog

hedgehogの感想・評価

4.0
こんなにも結末が気になった
映画も無かった。
サンドラ・ブロックが
魅力的だったし、
トーマス・ホーンが素晴らしかった。
脚本、演出、カメラワークも素晴らしかった!
あやの

あやのの感想・評価

4.1
ずっと見れなくてやっと鑑賞。

泣いてしまった·····オスカー役の子が凄すぎてめっちゃ感情移入してしまいました。
鍵をキッカケに色んな人に出会って最後のママの話にまた号泣。
愛が溢れた温かい映画です。
ゆ

ゆの感想・評価

4.5
とにかく泣ける.......。言葉に表せない。
F

Fの感想・評価

4.0
オスカーの文字通り奔走する姿が好きです。周りの人たちもあたたかくてほっこりしました。
泣かせにきてる感は感じますが個人的に結構好きです。
>|